ニュース

マイクロエース C59/C62

2009.03.23

JNR C59 C62〔ここに注目!〕

★マイクロエースのC59に1998・99年発売の2タイプの改良再生産品が登場。C62にも新たなバリエーションが加わった。

★C59 108号機は梅小路機関区に所属、1958年に京都~姫路間でお召列車を牽引した姿を再現するもの。前回品もお召指定機仕様として装飾を表現していたが、今回さらに煙突、シリンダーカバー、キャブ側面、テンダー背面などに印刷による装飾表現が追加され、一層絢爛豪華な印象となった。前面の菊の紋章と日章旗は製品状態で取付済。

★C59 164号機は糸崎機関区で1970年まで呉線運用に従事していた晩年の姿。引退時には同時発売のC62 17と重連でのお別れ運転が行なわれ、その後梅小路蒸気機関車館に保存された。モデルはキャブ側面などに標記が追加されているほか、実車に合わせて先輪の形態を前後で違えてある。また急行〈安芸〉のヘッドマークが付属する。

★C62 17号機は1954年に狭軌蒸気機関車の世界最高速度129km/hを記録した機関車で、晩年、糸崎機関区に配置され急行〈安芸〉牽引などの仕業に就いていた。1970年、呉線電化による引退時には上記のC59 164と重連牽引でのお別れ運転を実施した。製品は最晩年の姿を模型化しており、「さようならC62」ヘッドマークが取付済となっている。ランボード側面は白塗装。細部への色入れに加えて、区名札や製造銘板が印刷表現され、良いアクセントとなっている。

★いずれもヘッドライト点灯。重連用カプラーが付属。



〔価格〕

●塗装済完成品

C59 108:15,225円

C59 164:11,025円

C62 17 :11,025円





JNR C59 C62

○C59 108



JNR C59 C62

○C59 164



JNR C59 C62

○C62 17


  • このエントリーをはてなブックマークに追加