ニュース

キハ35系(一般色)〔KATO〕

2008.10.17

JNR Kiha35〔ここに注目!〕

★その特異さから国鉄気動車史に独特の位置を占めるキハ35系。満を持してKATOから製品化の運びとなった。

★キハ35系は1961年、国鉄初の通勤型気動車として101系を基本とした切妻車体、ロングシートを採用し登場した。片側3ヶ所の客扉は外吊り式の両開きで、本系列を強く特徴づけている。 各地の都市近郊非電化路線で活躍、現在は久留里線と関東鉄道常総線にその姿が見られる。

★プロトタイプはキハ35とその便所なしのキハ36。共に切妻の直線的な車体にマッチしたシャープな作り。

★製品は標準型の0番代で、クリームと朱色のツートンカラーの一般色をまとった最もプレーンな姿を模型化。

★側面窓ガラス上段の手掛けを再現。また外吊り式のドアの両開き扉中心の戸当りゴムも溝にグレーが引かれ再現されている。

★切妻車体の直線的な車体にマッチしたシャープな出来。

★ヘッド・テールライト点灯(ON/OFFスイッチ付)。フライホイール付動力ユニット、KATOナックルカプラー標準装備。

★車番・標記類は印刷済で、所属標記は「天ナラ」。前面種別幕は点灯式、表示は半透明のはめ込みパーツで、「普通」が装着済。

★追って両運転台のキハ30も登場予定。



〔価格〕

●塗装済完成品

キハ35(M)  :5,355円

キハ35・36(T):各2,520円

JNR Kiha35



ホビダスキハ35系(一般色)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加