ニュース

【会場休館情報あり】釧路市立博物館、ミニ展示「太平洋石炭販売輸送 臨港線」を開催

2020.04.22
2020.4.22追記 下記、ミニ展示「太平洋石炭販売輸送 臨港線」について、会場の釧路市立博物館が新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、5月6日(水)まで休館となりました。(レイル・マガジン編集部) 
 2019年3月末で輸送終了、6月末に廃止となった「太平洋石炭販売輸送 臨港線」(旧 釧路臨港鉄道)。
 釧路市立博物館は、その石炭列車を運行していた太平洋石炭販売輸送(現 新太平洋商事)から、関係資料の寄贈を受けミニ展示会を行うことを決定した。
 その資料は多岐・多数に渡るため、今後、整理や調査分析を進めいるが、運行を終えて1年という節目であることから新着資料のミニ展示として、最終列車のヘッドマークや使われていたヘルメットなどの道具などを展示する。
※今回は「ミニ」展示でありガラスケース1つ分のみのブースとなっている。数年後を目安に今後、正式な企画展を開催する予定。
■タイトル
 新着資料ミニ展示「太平洋石炭販売輸送 臨港線」
■展示資料
 さよなら列車ヘッドマーク・看板・ヘルメット・電話機・信号機リレー・距離標・きっぷ等(予定)
■展示場所
 博物館 常設展示室2階(簡易軌道展示付近)
※別途入館料(大学生以上480円)が必要
■展示期間
 2020年4月11日(土)~9月27日(日)
※休館日除く

詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加