ニュース

男山ケーブルの車輌デザインおよび愛称を一新

2019.06.26
 京阪電気鉄道株式会社では、 八幡市~男山山上間を結ぶ鋼索線(現・男山ケーブル)で行われるリニューアル工事に合わせて、車輌デザインを一新するとともに、通称・駅名を変更する。
 
 デザインコンセプトは、「陽の遣い」と「月の遣い」。片方が昇ると片方が下るケーブ ルカーを「太陽」と「月」に見立て、それぞれが発する「ひかり」を表現。石清水八幡宮の社殿と京阪特急伝統のツートンカラーの組み合わせをモチーフに、陽は「あかね」、月は「こがね」と車輌の愛称も新たに設定し、6月19日(水)に外観・内装ともに変更した。
 
 また、 10月1日(火)からは、 鋼索線の通称・駅名の変更も実施。通称を「男山ケーブル」から 「石清水八幡宮参道ケーブル」に、駅名を「ケーブル八幡宮口」駅、「ケーブル八幡宮山上」駅へとそれぞれ変更し、併せて駅舎ファサードの美装化も行う。20190626235705-23e48df6b2ae5697ba1c3579c7ef62e77b8848f6.jpg
▲ケーブルカーの新デザイン(手前からあかね号、こがね号) 
画像:京阪電気鉄道株式会社プレスリリースより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加