ニュース

芝浦工業大学 2019年度前期 公開講座豊洲の臨港鉄道をたずねて~今に残る鉄道の跡~

2019.04.03
 芝浦工業大学の公開講座として、東京・豊洲周辺に今も残る鉄道廃線跡をめぐる講座が開催される。東京都港湾局が設置した鉄道の歴史を自分で歩いて、見て、感じてみるという趣向。長年臨港鉄道の推移を定点観測している名取紀之さんを講師に迎え、講義の後、講師と一緒に廃線跡を散策する。2時間半程度歩くフィールドワークの講座となる。20190403200932-6041c8c35b13fd2160e3c597274fc2c3f5eebf2c.jpg
▲今も残る遺構とその現役時代の定点観測写真 P:主催者提供

■日時
 2019年5月20日(月)
■会場
 芝浦工業大学豊洲キャンパス
 東京都江東区豊洲3-7-5
■講師
 名取紀之(日本鉄道保存協会顧問)
■タイムスケジュール
 14:00~17:00
 第1講:講義/30分
 第2講:フィールドワーク/約2時間30分
■回数
 全1回
■受講料
 3,000円
■定員
 25名(抽選)
■申込締切
 2019年4月25日(木)

WEB申込はこちら

(電話の場合は、芝浦工業大学地域連携・生涯学習センター Tel.03-5859-7120)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加