ニュース

関東鉄道常総線「キハ5020形! 乗車&撮影会」開催

2019.02.15
関東鉄道では2019年3月、常総線に新型車輌キハ5020形を導入する。そしてこの機会に下記イベントを開催する。
20190215124234-d0220738900268588b559f92c33190517a0deb8a.jpg
▲実車画像  P:関東鉄道提供
■イベント名
 キハ5020形! 乗車&撮影会
■内容
・水海道駅から臨時列車にて水海道車両基地まで移動。車両基地構内で新型車輌キハ5020形の撮影会、その後、記念乗車会に参加できる。
・参加者には、キハ5020形缶バッジ、新車パンフレット、乗車証明書をプレゼント。
・会場ではキハ5020形デビュー記念乗車券や関鉄オリジナルグッズを発売。
■開催日時
 2019年3月2日(土)
 10:00~13:15(荒天中止)
 ※9:30~10:00 水海道駅で受付
■参加条件
 事前予約制(先着100名)
■申し込み方法
 2月19日(火)10:00より関東鉄道ウェブサイトにて予約受付開始。
■特記事項
・予約が受理されて参加となった場合、当日は「常総線1日フリーきっぷ」(当日有効のもの)を購入すること。なお、「常総線1日フリーきっぷ」は親子割引付きで、小学生2名まで保護者同伴で無料となる。
・小学生以下のお子様は、保護者同伴で参加すること。
■問合せ
 関東鉄道鉄道部業務課
 TEL.029-822-3718(平日8:30~17:30)
■その他
・キハ5020形は、当日イベントの記念乗車終了後、水海道駅発13:22発取手行きで営業運転を行い、水海道駅~取手駅間を1往復する。
・3月3日・9日・10日は限定運行となる(限定運行時間は、2月22日に関東鉄道ウェブサイト、駅ポスターで発表する)。
■キハ5020形概要
・キハ5000形シリーズの最新型車輌として、キハ5020形を2輌新造。
・ボティーカラーは関鉄ホワイトをベースに筑波山からの朝日を黄色、沿線を流れる鬼怒川・小貝川を青色で表現し、側面には早春の紅梅に彩られた筑波山をイメージしたマークを付けた。
・車輌前面は、新たにLED化した前照灯を上部に設置。
・屋根材には、新たに腐食しにくいステンレス鋼を採用。

詳しくはこちら

関東鉄道ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加