ニュース

津山まなびの鉄道館「津山鉄道秘話 津山まなびの鉄道教室」開催

2018.11.29
 津山まなびの鉄道館では、近代化産業遺産の研究者である小西伸彦さんとともに、「鉄道遺産の宝庫」といわれる津山を中心とした美作鉄道路線を、フィールドワークも交えて詳しく紹介する「津山まなびの鉄道教室」シリーズを開催する。
 駅舎や線路、トンネル、橋梁などの様々な視点から、鉄道技師の技術を感じ取ることが出来る鉄道教室シリーズとなる。「津山まなびの鉄道館・津山駅編」・「津山線編」・「因美線編」・「姫新線」と計4つのシリーズを開催予定。
 さらに希望者には、かつて津山駅で販売していた駅弁「しいたけ弁当」の復刻版も販売する。
20181129184639-51a2bfd28f1d1030e84ab7cc61a519babf90ccec.jpg

【津山まなびの鉄道館・津山駅編】
 「津山まなびの鉄道館」および津山駅の、鉄道秘話を紹介。さらにフィールドワークとして、津山まなびの鉄道館の転車台を参加者で押して手動回転する体験も用意している。
■開催日時
 2018年12月8日(土)
 10:15~15:00
■参加費
○大人:3,500円(中学生以上)
○子ども:3,000円(小学生)
 ※まなびの鉄道館入館料込
 ※消費税・傷害保険料含む
 ※小学生以上から申し込み可能
■集合場所
 津山まなびの鉄道館
■当日の服装
 歩きやすい服装
■定員
 20名(最少催行人員8名)
【津山線編】
 実際に津山線に乗車し、駅舎や橋梁、プラットフォームなどを巡るフィールドワーク体験。
■開催日時
 2018年12月15日(土)
 9:45~16:20
■参加費
○大人:3,500円(中学生以上)
○子ども:3,000円(小学生)
 ※別途電車賃が必要
 ※消費税・傷害保険料含む
 ※小学生以上から申し込み可能
■集合場所
 JR津山駅前バス乗り場
■会場
 JR津山駅
■定員
 20名(最少催行人数20名)

詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加