ニュース

「神田鐵道倶楽部」JR神田駅で6月1日オープン

2017.05.31
 (株)日本レストランエンタプライズ(NRE)では、JR中央本線・山手線・京浜東北線神田駅構内に「神田鐵道倶楽部」を6月1日(木)にオープンする。
▼「神田鐵道倶楽部」の店内全景。右側の壁面に飾られているD51 498のナンバープレートは房総半島走行時に使用されたもので、その下の通票4種類のうち、第二種(□)は久留里線で使用されていた現物。また会計時には、車内販売で使用されているHHC(ハンド・ヘルド・コンピュータ)を使用しての清算となる。
20170531124138-ca0242f593f3d4afa152a3cdeb88aa0263c64e80.jpg
 店舗名の通り、レイル・ファン向けの飲食店で、カレーライスやベロネーズといった往年の食堂車で提供していた懐かしのメニューを〈北斗星〉で実際に試用していた食器で提供し、「ほやの燻製」「ほたるいか素干し」などの車内販売で人気の商品、また週替わりで人気の駅弁を販売(店内で食事可・1ドリンクオーダー制)するなど、「列車食堂」から数えると来年で創業80周年を迎えるNREならではのラインアップが特徴。また、オリジナルカクテルとして、東京駅と新幹線到着駅とを結ぶ「新幹線と乗客の想い」をキーワードに5種類の味が楽しめるほか、写真の通り店内には駅名標や行先サボ、スタフをはじめとする多数の鉄道部品などが展示されており、レイル・ファンが存分に楽しめる内容である。
 場所は北口改札を出て正面左側。詳細は以下の通り。
■店舗名  神田鐵道倶楽部
■住所   東京都千代田区鍛治町2-13-1
      JR神田駅構内(改札外)
■営業時間 ランチ 11:00~15:00
      バー 15:00~22:30
      ※ラストオーダー 22:00
■定休日  土・日・祝日
■席数   13席(全席禁煙)
取材協力:(株)日本レストランエンタプライズ
▼JR神田駅北口改札を出て正面左側に構える「神田鐵道倶楽部」。ロゴマークはB型硬券をイメージして、神田駅の鋏痕をあしらった「食と鉄道を楽しむ空間へのチケット」を表現したもの。
20170531124210-8917ceaaa4ffa8d3eb71aacc4b48f1b73779f4c4.jpg
▼店内に展示されている鉄道関連部品の数々。飲食を楽しみながら、これらの銘板が掲出されていた車輌に思いを巡らせるのも愉しい。
20170531124357-11412976d9c2b2f9e2a4454add0369c1c736cf6f.jpg20170531124420-ab025ed5bb985ab4e7f56cd88931e6e07bd2ce03.jpg
▼神田鐵道倶楽部のオリジナルカクテル5種類。左から「山形駅~つばさ」「秋田駅~こまち」「新青森駅~はやぶさ」「新潟駅~とき」「長野駅~あさま」で、いずれも税込700円。ちなみに「新潟駅~とき」は日本酒をベースに西洋ナシで割っている。コースターは昭和40年代に使用されていたものを復刻したもの。
20170531124502-8b18070380b12c92a05eb8326845ffaa4747b511.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加