ニュース

「ロストラインフェスティバル in 神岡」開催

2017.01.27
 旧神岡鉄道の遺構利活用事業を行う「レールマウンテンバイク事務局」では、2017(平成29)年4月8日(土)・9日(日)に、「ロストラインフェスティバル in 神岡」を開催する。
        ▼現在のおくひだ1号。 画像提供:レールマウンテンバイク事務局
20170126104420-0f0b43e6372d5c0a3fb4e47ec5f2147cd72d5b06.jpg【第1部 おかえりなさい!おくひだ1号】
○開催日時
 2017(平成29)年4月8日(土)10:00~15:00
○内容
 現在、神岡鉱山前駅の検修庫で眠る旧神岡鉄道の客車”おくひだ号”を、自走により3kmの軌道を1時間かけて奥飛騨温泉口駅に移動させる。奥飛騨温泉口駅へ移動後は、地元小学生を対象とした神岡大橋駅までの往復(約1.6km)乗車会と公募による乗車会(同行程)を開催する。
【第2部 日本ロストライン協議会設立調印式・基調講演】
○開催日時
 2017(平成29)年4月8日(土)16:00~18:00(予定)
○内容
 全国の数ある廃線利活用事業者や利活用を構想する団体・自治体のネットワークの構築を目的とした協議会を設立し、発足に伴う調印式を執り行う。
 また、「廃線利活用」をテーマとした基調講演を計画しており、廃線利活用事業の後押しとなるような、活力のある講演を行う予定。
【第3部 エクスカーション】
○開催日時
 2017(平成29)年4月9日(日)10:00~12:00(予定)
○内容
 前日のイベント来場者へのおもてなしとして、神岡町をメインに飛騨市全域をいくつかのコースに分けたエクスカーションを行う。

詳しくはこちらを参照


レールマウンテンバイク ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加