ニュース

「ボンネット型特急電車原形プロジェクト」復元記念クリスマス披露会 開催

2016.11.25
 ボンネット型特急電車保存会では、2013(平成25)年4月29日の展示開始以来、「クハ489-501」の先頭部分を復元する補修作業を行なっており、2018(平成30)年3月までの期限付きで、先頭車のスタイルを481系や485系先頭車のルーツ、クハ481初期型の特徴を再現し、様々なイベントを実施する予定となっている。先ずは復元完了を祝し、1964(昭和39)年12月25日の北陸初の電車特急〈雷鳥〉〈しらさぎ〉デビューの日に因み、参加者限定のクリスマス披露会を開催する。
◆期日
 2016(平成28)年12月25日(日)10:30~15:00(荒天中止)
◆場所
 小松市土居原町772番地「土居原ボンネット広場」
 小松駅西口から北へ徒歩約3分
◆内容
①10:30 1964(昭和39)年当時の原型スカート披露
②10:35 第1雷鳥大阪発車時の装飾再現
③10:40 〈雷鳥〉ヘッドマーク撮影会
④12:00 〈しらさぎ〉ヘッドマーク撮影会
⑤14:30 クリスマス飾り付け展示
・車内見学:修理工程の資料展示
・乗車証明書「復元記念モデル」D型硬券販売(300円、運転室見学兼用)
※なお、当日は累計見学者数が3万人に達する可能性があるため、到達記念プロジェクトを検討中。
◆企画主催
 ボンネット型特急電車保存会
◆問合せ先
 090-7087-5011 事務局(岩谷)
 情報発信媒体:Facebook、Twitterで「クハ489-501」と検索

ボンネット型特急電車保存会 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加