ニュース

ラッピングトレイン"バルーンかもめ号"運行開始

2016.08.17
 JR九州では、8月26日(金)より、長崎本線(博多~佐賀~長崎間)において、ラッピングトレイン”バルーンかもめ号”の運行を開始する。
 これは、10月28日(金)~11月6日(日)にかけて開催される「2016 佐賀熱気球世界選手権」を広く告知するため、佐賀市・九州旅客鉄道株式会社・ドーンデザイン研究所のタイアップにより実施するもの。
 運行期間は、8月26日(金)から11月上旬までを予定している。
 デザインはドーンデザイン研究所代表の水戸岡鋭治さんが監修しており、885系6輌編成の車輌全面を使用し、「佐賀の大空を舞う無数のバルーン」を表現している。
 運行開始当日には、13:30よりJR博多駅にて出発式を開催し、秀島敏行佐賀市長、青柳俊彦九州旅客鉄道株式会社代表取締役社長、水戸岡鋭治ドーンデザイン研究所代表が出席する予定。
◆運行期間
 2016(平成28)年8月26日(金)~11月上旬(予定)
 ※「2016佐賀熱気球世界選手権」開催期間(10/28~11/6)含む。
◆運行区間
 長崎本線(博多~佐賀~長崎間)
 ※その他の線区(日豊本線など)を運行する場合もある。
◆使用車輌
 885系1編成
◆出発式
 2016(平成28)年8月26日(金)13:30~
 JR博多駅4番のりばにて実施
 ※JR佐賀駅でもイベントを開催予定。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR九州 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加