ニュース

横浜シーサイドライン 初の女性運転士誕生

2016.03.14
 株式会社横浜シーサイドラインでは、新たに合格した運転士3名のうち、開業以来初となる女性の運転士が2名誕生した。
 シーサイドラインは、通常、自動運転(無人)により列車を運行しているが、運転訓練、異常気象および車輌故障の際には有人運転を行なっている。
 合格した3名は、駅勤務を経験後、社内運転士登用試験に合格し、9月1日より約2ヶ月間の学科講習、11月6日の国土交通省関東運輸局による動力車操縦者学科試験に合格後、運転士見習いとして指導操縦者とともに約2ヶ月間の技能講習を経て、2016(平成28)年2月5日の同省による動力車操縦者技能試験に合格し、今後は運転訓練などを単独で乗務する。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


横浜シーサイドライン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加