ニュース

南港ポートタウン線 新型車輌200系導入

2015.06.12
 大阪市交通局は、2016(平成28)年4月(予定)から順次、南港ポートタウン線にニュートラム新型車輌「200系」を導入する。
 南港ポートタウン線への新型車輌の導入は、1991(平成3)年に運行を開始した100A系以来25年ぶりで、2016(平成28)年度には計7列車(4輌×7列車)が運行する予定。
 新型車輌のデザインは、南港ポートタウンの公園で元気に走り回る子供をイメージし、外観はカラーが異なる7色、車内は南港の自然をイメージした2種類となる予定。
20150612184606-890aa4d1938f5fc2e639e951f657203849c858a3.jpg
●カラーバリエーション
 ピンク レッド オレンジ イエロー グリーン ブルー パープル
●車内イメージ
20150612184639-c42be517751e39cccc925fe68faecbb347043529.jpg20150612184703-05294774b1ddfe33bee0cef75e4b461c3fe972ce.jpg
        ピンク                  グリーン
※掲載の画像はすべてイメージ。 P:大阪市交通局ウェブサイトより 
 また、車内設備には新たな取組みを行い、楽しさと優しさを両立した快い車内空間を提供する。
●200系開発コンセプト
 200系の開発にあたっては、「車内居住性・快適性の向上」「従来からの車輌イメージの一新」「安全性・信頼性の向上」「省エネ・省コスト化」の4点をコンセプトとして定めている。
【車内居住性・快適性の向上】
・座席配置を工夫することで、通路幅を拡大する。
・街の景観を楽しめるように、大型窓を採用。
・客室照明をLED間接照明にすることで柔らかい雰囲気を醸し出し、優しい光で足元を照らす。
・新たな空調システムを採用し、快適な室内環境を保つ。
・床面高さをホーム高さに近づけることで、乗降時の段差を減らす。
・乗降口上部に多言語表示の行先案内表示器を設置し、目的地などを分かりやすく表示。
【従来からの車輌イメージの一新】
・何度でも乗りたくなるようなデザインの一つとして、7色の外観カラーで彩る。
・室内デザインに桜と公園の2つのイメージをとりいれることで、皆に愛される南港ポートタウンの自然を表現する。
・車内に情報発信装置を設置し、南港の魅力を発信する。
【安全性・信頼性の向上】
・車輌と地上設備間の情報伝達方式をデジタル化することで、安全運行の信頼性を向上する。
・車輌の各種機器からの情報をソフト処理することで、保安装置の安定性を向上する。
・モニタリング機能を充実させ、日々の安全走行が確認できる仕組みを強化する。
【省エネ・省コスト化】
・省エネ機器を採用し、従来車輌から約40%の消費電力を削減する。

詳しくはこちらを参照


大阪市交通局 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加