ニュース

4月11日 若桜鉄道SL走行社会実験を実施

2015.02.04
 若桜鉄道では、2014年4月11日に「SL走行社会実験」として、若桜線を線路閉鎖し機械扱いで C12 167、スロフ12、オロフ12、スロフ12、DD16 7 の編成を若桜~八東間で1往復走行させる。C12は無火、DD16の動力で時速10km程度の低速で牽引・推進となる。乗車はできないが、座席に八頭町・若桜町住民が作った「かかし」が設置される。出発式の際にのみ〈鳥取県発地方創生号〉ヘッドマークが付く(走行中は付かない)。若桜線にSLが走行するのは45年ぶりとなる。
 SL走行の経済効果を高めると共に安全快適な撮影や見学ができるよう、当日は予約制有料の駐車場・撮影場・宿泊プラン・地場食材を使った弁当などが提供され、当日夕方にファン向けのトークイベントも開催される。この様に沿線と一体となりSL走行の経済効果を高める社会実験は国内初となる。
         ▼イメージ P:若桜鉄道
20150206123505-b02bad5bbd646f006e9b4905ac2ea182cd544145.jpg
○運行内容
 実施日 4月11日(土)
 若桜駅にあるC12型蒸気機関車、DD16型ディーゼル機関車、12系客車を若桜駅から八東駅まで1往復走行させる。(お客様の乗車は不可)
 郡家駅10:07発若桜行きの列車、若桜発11:25の列車は止め、郡家~若桜間でバスによる代行輸送。
【行き DD16が先頭、C12が最後尾】
 9:00~9:30 若桜駅で出発式典
 若桜駅 9:30発→丹比駅 10:00着10:05発→徳丸駅 10:15着 10:20発→第二八東川橋梁上で5分停車(撮影用)→八東駅 10:35着
【帰り C12が先頭、DD16が最後尾】
 10:25~10:55 八東駅で出発式典
 八東駅 10:55発→第二八東川橋梁上で5分停車(撮影用)→徳丸駅 11:10着 11:15発→丹比駅 11:25着11:30発→若桜駅 12:00着
○出発式典など
 若桜駅および八東駅で出発式典を開催しテープカットを行う。式典中に〈鳥取県発地方創生号〉ヘッドマークを装着。また、お客様のかわりに八頭・若桜の「かかし」を客車に乗せ愛称名板を客車に装着する。
○駐車場と撮影場所
 国道や県道の渋滞防止や経済効果を高めるため、沿線の撮影スポット近くに有料予約制の駐車場を設ける。駐車場は八東駅近辺、徳丸駅近辺、丹比駅近辺、若桜駅近辺を予定。また、有料予約制の撮影場所も予定。
○宿泊・食事
 若桜町、八頭町の宿泊施設がSL走行撮影者・見学者向けの宿泊プランを提供。また、弁当の予約販売も行う。
○ファン向けイベント
 4月11日16:00~18:00に丹比駅近くの「八東体育文化センター」にて、鉄道会社公募社長(由利高原鉄道春田社長、山形鉄道野村社長、ひたちなか海浜鉄道吉田社長、いすみ鉄道鳥塚社長、若桜鉄道山田社長)全5名によるトークイベントを開催する。
※見学される方へのお願い
 社会実験を成功させるためにも、係員の指示に従い、線路をはじめ立ち入り禁止場所・私有地・田畑への立ち入りは固くお断りいたします。また、交通法規を厳守いただき指定場所以外での駐車もご遠慮ください。
○実行方法
 本社会実験を鳥取県、鳥取市、八頭町、若桜町の行政関係者ならびに観光団体、旅館・供食業者、商工会、駅を守る会などの関係団体による「若桜鉄道SL走行社会実験沿線サポート委員会」を立ち上げ、連絡調整ならびに実行を行う。
○問合せ
 鳥取因幡観光ネットワーク webサイト 
 なお、業務に支障が出るため若桜鉄道では本件に関する問合せを受け付け不可。

詳しくはこちらを参照


  • このエントリーをはてなブックマークに追加