ニュース

ニコンより新製品各種

2015.01.14
 株式会社ニコンイメージングジャパンは14日、デジタル一眼レフカメラやレンズの新製品を発表した。
■ニコンデジタル一眼レフカメラ「ニコンD5500」
20150114172631-1d576c5b7b2694a8c9a44ab119505b139744b87f.jpg
→ニコンデジタル一眼レフカメラ「D5500」
 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II装着時

 Wi-Fi®機能や直感的な操作が可能なタッチパネルを採用したバリアングル液晶モニターを搭載するニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラで、発売時期は2015年2月5日予定。
 有効画素数2416万画素、画像処理エンジン「EXPEED 4」とニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載、クラス最高レベルの最高常用ISO感度25600の高感度を実現しているほか、1920×1080:60pのフルHD動画撮影が可能な「Dムービー」も搭載している。
 ボディーカラーはブラックとレッドで、ボディー単体はブラックのみの発売となる。また価格はオープン価格。
 また、「D5500」とレンズを組み合わせた以下のキットも同日に発売予定となっている(いずれもオープン価格)。
○D5500 18-55 VR II レンズキット
 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II付き
 ボディーカラー:ブラック、レッド
○D5500 18-140 VR レンズキット
 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR付き
 ボディーカラー:ブラック、レッド
○D5500 ダブルズームキット
 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II、
 AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR付き
 ボディーカラー:ブラック、レッド
■望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」
20150114172904-fef473f949a458313427ee2a0f18d64a9d883eaa.jpg
 ニコンFXフォーマット対応の焦点距離300mm(DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ装着時には、35mm判換算で焦点距離450mmのレンズの画角に相当)、開放F値4の望遠単焦点レンズ。「NIKKOR」レンズ初のPF(Phase Fresnel:位相フレネル)レンズの採用により世界最軽量※を実現。従来製品の「AI AF-S Nikkor 300m f/4D IF-ED」と比較して、質量は約42%減、約545g減、長さは約75mm、最大径は約1mm短縮している。
 4.5段分の手ブレ補正効果を発揮するVR機構に加え、スポーツなど動きの激しい被写体の撮影に有効なVRモード「スポーツモード」を搭載している。
 2015(平成27)年1月29日発売予定で、希望小売価格は¥247,500(税別)。
■望遠ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」
20150114172926-f17012f8101777ecbeff30edd12a6ca0720d3f71.jpg
 焦点距離55-200mm(FXフォーマット・35mm判換算で82.5-300mm相当の撮影画角)、開放F値4-5.6のニコンDXフォーマット対応望遠ズームレンズ。新たに沈胴機構を採用しており、従来製品の「AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED」と比較して、沈胴時の長さを約16.5mm、最大径を約2.5mm小型化したほか、質量は約35g軽量化している。
 手ブレ補正効果4.0段のVR機構を搭載し、色収差が少なく、高い光学性能を発揮するEDレンズを採用している。
 2015(平成27)年2月5日発売予定で、希望小売価格は¥45,000(税別)。
○製品の問い合わせ先
 ニコンカスタマーサポートセンター ナビダイヤル 0570-02-8000

ニコン・映像事業部ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加