ニュース

キヤノン EOS 7D Mark II 発表

2014.09.16

 キヤノンは、「EOS 7D」の後継機として、APS-CサイズCMOSセンサー搭載機のフラッグシップ機「EOS 7D Mark II」を2014年11月上旬より発売する。



→EOS 7D Mark II

 ※EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM装着時



 「EOS 7D Mark II」は最高約10コマ/秒の高速連写に加え、EOSシリーズの中で最多の測距点数となるオールクロス65点AFを備えており、被写体の顔や色を検知して追尾するEOS iTR AFと、高精度にAF追従するAIサーボAF IIIにより鉄道写真の撮影にも最適な動態撮影性能を発揮する。

 また、APS-Cサイズ・約2020万画素の新開発CMOSセンサーと、映像エンジンにDIGIC6を2基を搭載したデュアルDIGIC6により、最高ISO16000の常用ISO感度を実現している(拡張機能でISO25600、51200相当の感度設定可能)。

 光学ファインダーは視野率100%、倍率約1.0倍の新開発の高性能ファインダーとし、さまざまな情報を表示する「インテリジェントビューファインダーII」を採用。ファインダー視野内に65点の測距点表示をはじめ、撮影モード、ドライブモード、AF動作、記録形式などの撮影情報を表示。さらにシャッター半押し時は、電子水準器(左右各7°/上下各4°)も表示することができる。またファインダー視野外には、2種類の露出レベル表示を装備し、これまでEOS-1D系のみに採用されていた測光値も表示する。



→「インテリジェントビューファインダーII」。上部中央が電子水準器。



 さらにフリッカー(人工光源下における明滅周期の影響によるちらつき現象)対策を施しているのも特徴である。室内撮影での高速シャッター撮影時における露出や色のばらつきを抑えることができる(但し、ライブビュー撮影、動画撮影時は機能しない)。

 このほか、「EOS MOVIE」ではフルHD(1920×1080)でフレームレート59.94pの撮影も可能なほか、記録形式もMOV形式に加え、再生互換性の高いMP4形式での記録が可能である。

 「EOS 7D Mark II」はボディ単体のほかに、「EOS 7D Mark II・EF24-70L IS USM レンズキット」と「EOS 7D Mark II・EF-S18-135 IS STM レンズキット」を用意している。価格はオープン価格だが、参考価格(キヤノンオンラインショップでの販売予定価格)は「EOS 7D Mark II」が208,000円(税別)、「EOS 7D Mark II・EF24-70L IS USM レンズキット」が338,000円(税別)、「EOS 7D Mark II・EF-S18-135 IS STM レンズキット」が248,000円(税別)となっている。



 なお「EOS 7D Mark II」のカタログは、総合カタログ、野鳥版、鉄道版、スポーツ版、飛行機版、野生動物版、モータースポーツ版の7種類が用意されており、キヤノンのサイトからPDF版をダウンロードすることができる。


キヤノン:サポート | 商品カタログ:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ【EOS】


キヤノンホームページ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加