ニュース

「海を渡って活躍する日本の名車たちを尋ねる旅」発売

2014.08.27

 日本旅行では、40年以上に渡り日本全国で活躍して、2012年に全車輌廃車となり、ミャンマー(共和国)へ譲渡された、「キハ181系気動車」に乗車するツアーを発売している。

 キハ181系車輌は、1968年にデビュー。勾配、急カーブが連続する山岳路線向けにハイパワーの新型エンジンが搭載され、日本全国で活躍、ファンだけでなく、沿線の住民にも親しまれていた。日本旅行では、2011年12月に京都~米子間で「ありがとう181系ファイナル」ツアーを実施、このツアーが40余年に渡るキハ181系の最後の運行となった。

 その後、ミャンマーへの譲渡が決定すると、多くのファンの方から、現地へのツアーの希望を頂き調整を続けてきた。ミャンマーは、ビルマ時代から長い間軍政が続いたこともあり、鉄道写真の撮影についても国家の許可が必要となっている。今回、初めて車輌や鉄道関連施設の撮影許可を得ると共に、ミャンマー国鉄の協力を得ることができた。その結果、現地で活躍する、キハ181系乗車や日本からミャンマーに渡った車輌・鉄道関連施設などを見学するツアーが実現した。

 日本から約4,500キロ離れた南の国で、「DML30HSEターボサウンド」を轟かせて活躍するキハ181系の勇姿をご堪能いただける。



○商品名

 海を渡って活躍する日本の名車たちを尋ねる旅



○旅行代金

 11月27日(木)出発

 235,000円

 10月23日(木)、11月6日(木)出発

 255,000円



○ポイント

・海を渡って、ミャンマーで活躍する日本製車輌に乗車したり、車輌の撮影が可能。キハ181系を利用する「Kyaik Hto Special Express」に乗車する。

・通常では立ち入りが出来ない、鉄道施設(車両区や車両修理工場等)の見学が可能。



○販売方法

 インターネットのみによる販売

 こちらから

 ※全国の日本旅行グループ店舗では、販売していないので注意。



○問合せ

 日本旅行東京予約センター

 TEL 03-3614-3066

 (平日9:30~18:30 土・日・休日9:30~18:00)


詳しくはこちらを参照


  • このエントリーをはてなブックマークに追加