ニュース

特別展「NIPPONパノラマ大紀行~吉田初三郎のえがいた大正・昭和~」開催

2014.05.27

 愛知県名古屋市瑞穂区にある名古屋市博物館では、7月26日~9月15日まで、特別展「NIPPONパノラマ大紀行~吉田初三郎のえがいた大正・昭和~」を開催する。

 鉄道が全国に広がった大正・昭和の頃に、吉田初三郎によって描かれた日本各地の観光パンフレットの数々。そのコレクションを一同に紹介する展覧会となっている。



▲小牧戦蹟図(昭和2年) 吉田初三郎作(原画) 名古屋市秀吉清正記念館所蔵



○会期

 2014(平成26)年7月26日(土)~9月15日(月・祝)



○開館時間

 9:30~17:00(入場は16:30まで)



○休館日

 最終日を除く毎週月曜日・第4火曜日(8月26日)

 7月28日、8月4日、11日、18日、25日、26日、9月1日、8日



○観覧料金

 一般600円(400円)・高大生400円(200円)・中学生以下無料

 ()内は20名以上の団体

 ※名古屋市交通局発行のドニチエコきっぷ・一日乗車券で来館の方は観覧料100円引き。

 ※身体等に障がいのある方は手帳などの提示により、本人と介護者2名まで当日料金の半額となる。(各種割引は重複不可)



○主催

 名古屋市博物館

 日本経済新聞社

 テレビ愛知



【見どころ】



●小川文太郎氏収集の鳥瞰図コレクションを一挙公開

●鳥瞰図の第一人者、吉田初三郎の原画も特別出品

●夏休みの自由研究に、クイズラリーやパズルもご用意



【展示構成】



・プロローグ さあ、レトロな日本の空旅へ

・第1章 伸びる鉄路とバーズアイ-Bird’s Eye-の旅行案内

・第2章 飛躍―犬山・日本ラインを新たなる拠点として

・第3章 列島縦断・日本パノラマ大紀行

・終章 国際観光へのかけはし

・コラム 旅行の楽しみ



 展示資料件数 総件数307件



【関連事業】



●展示説明会(連続講座)「鳥瞰図を読み解く」

 毎回14:00~開催(13:30開場)

 1階展示説明室 先着100名無料



(1)7月26日(土)鳥瞰図に魅せられて~小川文太郎コレクションの成り立ち~

(2)8月9日(土)初三郎式鳥瞰図のマジック~富士山へのこだわり~

(3)8月16日(土)「史鉄」の楽しみ~生まれる鉄道・消えゆく鉄道~

(4)8月30日(土)鳥瞰図を旅する~千年の都・京都~

(5)9月6日(土)地震・火災の苦難を越えて~時を刻むふるさとの景観~



●ファミリーデー

 夏休み中の6日間(7月29~31日、8月5日~7日)いずれも火・水・木曜日に、学芸員の解説付きでクイズラリーを開催。

 朝10:00開始 毎回親子20組 当日開館時間より先着順受付



○問合せ

 名古屋市博物館

 〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1

 TEL 052-853-2655 FAX 052-853-8400

 E-mail:ncm-gaku@juno.ocn.ne.jp


詳しくはこちらを参照


名古屋市博物館 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加