ニュース

鹿島鉄道廃線7周年 ほっとパーク鉾田での車輌公開イベント実施

2014.02.19

 鉾田駅保存会では、鹿島鉄道廃線から7周年、ほっとパーク鉾田での車輌公開開始から4周年、東日本大震災被害復旧による車輌公開再開から2周年を迎えることを機に、3月30日(日)に「廃線7周年 車内一般公開」を実施する。

 鹿島鉄道廃線当時、国内現役最古の気動車だった「キハ601」(昭和11年製造)と、当時の鹿島鉄道の最新気動車だった「KR-505」(平成4年製造)の、車輌公開イベントを、この2両の気動車が保存されている鉾田市の温泉施設「ほっとパーク鉾田」にて行い、ミニコンサート、5インチ軌道ミニ新幹線体験乗車・鉄道模型の運転・ジオラマ展示・お子様向けプラレール遊びコーナー・鉄道絵本コーナーなどを開催する。



○開催場所

 ほっとパーク鉾田(茨城県鉾田市当間220)内展示線およびその周辺



○開催日時

 2014年3月30日(日)10:00~15:00



○イベント

・キハ601・KR-505車内公開(10:00~15:00)

・ANAKコンサート(鹿島鉄道応援ソング「鉾田線」ほか)

・キハ601車内での鉄道模型運転展示・ジオラマ展示

・5インチ軌道ミニ新幹線体験乗車(天候等により中止する場合がある)

・手漕ぎトロッコ「てトロ」体験運転(天候等により中止する場合がある)

・KR-505車内でのプラレールコーナー(子ども向け)

・KR-505車内において鉄道絵本コーナー(子ども向け)

・キハ601、KR-505の移設時、被災時、復旧時の写真、動画展示。

・常設展示(水彩画スケッチと保存会活動紹介)

・訪問記念入場券(硬券)の無料配布(先着順・1人1枚限り)

・鉾田駅保存会特製かしてつグッズの販売(キハ601車内)



○2014年度定期車輌公開予定

 毎月第4日曜日に実施(2月を除く)。


鉾田駅保存会 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加