ニュース

583系〈リバイバル津軽号)と秋田総合車両センターへの旅 発売

2013.09.20

 びゅうトラベルサービスでは、583系団体臨時列車〈リバイバル津軽号〉で行く秋田総合車両センターと、廃線が決まった江差線、11月10日で営業終了となる竜飛海底駅の見学をする旅を企画、発売する。



【583系団体臨時列車「リバイバル津軽号」と秋田総合車両センターへの旅】



○ツアーのポイント

・〈リバイバル津軽号〉は懐かしの583系電車で運行。

・秋田~秋田総合車両センター間はE6系臨時列車で運行。さらに、乗車したまま洗車体験も実施。

・来春、廃線が決まった江差線と2013年11月10日で営業終了となる竜飛海底駅を見学。



※1泊目は〈リバイバル津軽号〉のゴロンとシートを利用(個室ではない)。上・中段と下段で旅行料金が異なる。



■出発日

 10月25日(金)



■旅行代金

 大人1名 75,800円~



■行程

10月25日(金)

 上野駅(17:44)→〈リバイバル津軽号・ゴロンとシート〉→車中泊



10月26日(土)

 →秋田駅(6:11頃)→秋田温泉さとみ(入浴・朝食)→秋田駅→秋田総合車両センター(見学)→秋田駅→(特急列車・普通車指定席/昼食:弁当)→青森駅→(特急列車・普通車指定席)→函館駅→ホテル(18:00頃)



10月27日(日)

 ホテル(8:15頃)→江差駅→(江差線・普通列車・普通車自由席)→木古内駅→(特急列車・普通車指定席)→竜飛海底駅(竜飛海底駅・青函トンネル記念館見学)→(特急列車・普通車指定席)→木古内駅→(特急列車・普通車指定席)→新青森駅(東北新幹線・普通車指定席)東京駅(21:00~22:00)



■申込

 インターネット限定こちらから


びゅうトラベルサービス ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加