ニュース

東京モノレール新型車輌10000形導入

2013.09.13

 東京モノレール株式会社では、17年ぶりの新型車輌となる10000形1編成(6輌)を、2014年7月に導入することを発表した。

 10000形は2000形を基本に、「スマートモノレール」をコンセプトに新たに設計した車輌で、インテリアに「和」のおもてなしを演出するデザインを採用し、4カ国語表示対応の案内用液晶ディスプレイを各ドア上部に設置、公衆無線LANサービスも設置して車内高速インターネットも利用可能とする。

 その他にも、安全性向上、省エネルギー性、環境性にもこだわり、最新技術を採用している。今後、1000形の置換えとして順次導入予定。



▲10000形(イメージ) 画像提供:東京モノレール



▲インテリア(イメージ )画像提供:東京モノレール



▲スーツケース用荷物置場(イメージ) 画像提供:東京モノレール



▲車輌間貫通扉(イメージ) 画像提供:東京モノレール


東京モノレール ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加