ニュース

「鉄道を録る」開催

2013.05.17

 株式会社コルグでは、「鉄道を録る」と銘打ち、茨城県の鹿島臨海鉄道、ひたちなか海浜鉄道の定期列車に専用の貸し切り車輌を1輌連結し、車内での生録音を行うイベントを開催する。

 これは、過去3回、異なる場所、スタイルで開催されてきたMR倶楽部(コルグ・レコーダーMRシリーズやDSDオーディオを楽しむ倶楽部)のイベントで2年振りとなる第4回目の開催となり、鉄道のモーターや線路の継ぎ目、踏切、駅や車内アナウンスなど、そこで出会った音を録音し、今回は鹿島臨海鉄道の6000系、ひたちなか海浜鉄道のキハ20系列といった車輌に乗り込み、存分に生録が行える。また、音楽と鉄道の双方での録音に造詣が深い石田善之氏を講師に迎え、プロならではのコツを伝授、レコーディングのスキルアップを目指す。

 また今回のこの模様は後日、月刊Stereo誌にレポート記事が掲載される。



■開催日

 2013年7月6日(土)



■実施場所

 鹿島臨海鉄道、ひたちなか海浜鉄道(どちらも車輌1輌貸し切り)



■主な行程

 東京(集合)→総武快速線→千葉(乗換)→総武線・成田線・鹿島線普通→鹿島神宮(乗換)→【鹿島臨海鉄道6000系貸切車輌】→水戸(自由昼食)→常磐線普通列車→勝田(乗換)→【ひたちなか海浜鉄道貸切車輌】→那珂湊(湊線湊機関区庫内見学)→ひたちなか海浜鉄道普通列車→勝田(乗換)→常磐線特急フレッシュひたち56号→上野(解散)



■参加費用

 12,000円



■ポイント

○コルグのDSDレコーダー、MRシリーズによる高音質フィールド録音の実体験

○鹿島臨海鉄道、ひたちなか海浜鉄道で、定期列車にMR倶楽部専用車輌を1輌連結。一般の乗客を気にせず、モーター音などの録音が可能。

○音楽と鉄道の双方での録音に造詣が深い石田善之氏を講師に迎え、プロならではの技術を学べる。

○MRシリーズを持っていなくても、MR-2を1人1台ずつ無料貸し出し。




■申込方法

 コルグ・ホームページ内

 第4回MR倶楽部ご案内ページより申込(5月第4週中に運用開始予定)



■支払方法

 カード払い、または銀行振込を選択し、期限までに事前支払



■募集人数

 30名



■最少催行人員

 15名



■注意

※最少催行人員に満たない場合、ツアーを中止する場合あり。催行不可能となった当該サービスの提供に関わる部分を払い戻し。(中止の場合、開催日1週間前に連絡)

※基本的に、MRシリーズでの録音に限定。

※MRシリーズをお持ちでない場合、機材貸し出し(MR-2・無料)を行う。またMR-2を当日特別価格にて販売。


株式会社コルグ ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加