ニュース

東武鉄道「野田線新型車輌60000系デビューイベント」開催

2013.05.09

 東武鉄道では、6月9日(日)に南栗橋車両管区七光台支所にて、「野田線新型車輌60000系デビューイベント」を事前予約制で開催する。

 これは新型車輌60000系が6月中旬に野田線で営業運転を開始することを記念し、東武ファンや沿線の乗客を対象に「東武野田線新型車両で行くデビューツアー」を実施するもので、当日は新型60000系車輌を使用して、野田線大宮駅と船橋駅から会場となる南栗橋車両管区七光台支所まで直行するイベント列車6輌2編成を「60000系野田線就役記念ヘッドマーク」を掲出して運転する。

 ツアー参加者には、記念乗車証や60000系車輌の車内番号プレート(レプリカ版6枚セット)をプレゼント。ほかにも記念乗車弁当や野田線沿線銘菓などの特典が付く。

 また、イベント会場では野田線沿線地元キャラクター「コバトン」(埼玉県)や「チーバくん」(千葉県)も参加し、野田線で活躍する車輌を展示した車輌撮影会、限定鉄道グッズの販売、60000系車輌写真のパネル展示、鉄道ジャーナリスト「史絵(しえ)」氏と東武博物館「花上名誉館長」によるトークショーなど実施する。



■開催期日

 6月9日(日)11:00~14:00

 ※雨天決行(荒天中止)



■開催場所

 南栗橋車両管区七光台支所(千葉県野田市谷津菊割643-2)

 最寄駅:野田線七光台駅

 ※このイベントはツアー参加者限定(事前予約制)のため、一般の来場は不可。



■開催内容

○イベント列車新型車輌60000系の運転

 「60000系野田線就役記念ヘッドマーク」を掲出した60000系車輌2編成を使用してイベント会場まで直行する列車を運転する。

 (1)大宮(9:20頃発)→南栗橋車両管区七光台支所(10:20頃着)

 ※乗車駅は大宮駅のみ。

 (2)船橋(9:15頃発)→南栗橋車両管区七光台支所(10:30頃着)

 ※乗車駅は船橋駅のみ。



○イベント会場における車輌撮影会、限定鉄道グッズの販売等

 (1)車輌撮影会

   【展示車輌】

   ・8000系(8111号編成・リバイバルカラー)

   ・8000系(8101号編成)

   ・10000系(11652号編成・野田線導入車・リニューアルカラー)

   ・60000系(61601号編成)

   ・60000系(61602号編成)

   ・マルチプルタイタンパー(大型保線機械車)

   ※展示車輌は都合により変更になる場合あり。

 (2)限定鉄道グッズの販売

   旧野田線運行図表の限定販売(色違い2枚組1000セット:1000円(税込))や60000系関連グッズのほか、会場限定の鉄道グッズの販売を実施。

 (3)新型60000系車輌のパネル展示

   60000系車輌を様々な場所から撮影した写真パネル展示。

 (4)沿線地元キャラクターの参加

   野田線沿線の地元キャラクター「コバトン」(埼玉県)と「チーバくん」(千葉県)の参加。

 (5)その他イベント

   鉄道ジャーナリスト「史絵(しえ)」氏と東武博物館「花上名誉館長」によるトークショー。



■参加方法

 東武トラベル各支店および東武トラベルインターネット予約にて申込み。

○旅行商品名

 「東武野田線新型車両60000系で行くデビューツアー」(事前予約制)

○発売開始

 5月10日(金)10:00~

○募集人員

 (1)Aコース 大宮発300名(最少催行人員150名)※使用車輌61601号編成

 (2)Bコース 船橋発300名(最少催行人員150名)※使用車輌61602号編成

 ※定員になり次第受付終了。

○行程

 Aコース 大宮(9:20頃発)→南栗橋車両管区七光台支所(10:20頃着)

 ※乗車駅は大宮駅のみ。

 Bコース 船橋(9:15頃発)→南栗橋車両管区七光台支所(10:30頃着)

 ※乗車駅は船橋駅のみ。

○旅行代金

 大人 8,500円(税込)、小人7,500円(税込)※A・Bコース同代金

○特典

 記念乗車証、60000系車内番号プレート(レプリカ版6枚セット)、記念乗車弁当、野田線沿線銘菓など。

○予約申込

 ・東武トラベル各支店

 ・東武トラベルインターネット予約

  こちらから

 ・電話による予約受付

  東武トラベル電話予約センター TEL 03-5904-5292

  受付時間 平日9:30~20:00 土日・祝日9:30~18:00

○問合せ

 東武トラベル東武旅倶楽部事務局

 TEL 03-3621-0651

 受付時間 平日9:30~18:30(土日・祝日 休業)



▲新型車輌60000系

P:東武鉄道ニュースリリースより


詳しくはこちらを参照(pdf形式)


東武鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加