ニュース

北近畿タンゴ鉄道 2013年春ダイヤ改正

2012.12.25

 北近畿タンゴ鉄道では、2013(平成25)年春にダイヤ改正を実施する。

 3月16日改正では、宮津線で特急列車の一部区間を快速列車化し、天橋立―豊岡間の昼間時間帯は普通・快速列車が概ね1時間に1本の設定となる。

 特急〈たんごリレー1号・3号・8号〉の一部区間を快速列車化、特急車輌で運行するとともに、特急〈たんごリレー81号・86号〉を普通列車化し、観光型リニューアル車輌で運行する(後述/3月31日までは一般車輌で運行)。

 このほか、宮福線・宮津線に休日ダイヤを設定し、利用にあわせた効率的な輸送体系にするとともに、福知山―宮津間において、通勤通学時間帯の普通列車(朝夕各1往復)をJRの普通電車(2輌編成)により運転する。



 さらに、4月1日改正(予定)で 水戸岡鋭治氏デザインによる観光型リニューアル車輌「あかまつ」「あおまつ」の運行を開始する。

 リニューアル車輌は水戸岡鋭治氏による温かみのあるデザイン車輌となり、内装は「松」をモチーフに木材を使用、丹後の魅力的な景観が楽しめるカウンター席を設置する。なおリニューアル車輌の詳細は後日発表となる。


北近畿タンゴ鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加