ニュース

九州鉄道記念館 「九州の大鉄道パノラマ」リニューアル

2011.10.28

 九州鉄道記念館では、2003(平成15)年8月の開館以来人気がある、鉄道模型で九州一周の旅を楽しむことができるコーナー「九州の鉄道大パノラマ」を、九州新幹線全線開業や新しい観光列車の運行開始にあわせて大規模リニューアルする。



■リニューアル日時

 2011(平成23)年11月1日(火) 9:00~(演出上映 10:00~)



■リニューアル内容

①特急〈あそぼーい!〉、観光列車〈いさぶろう・しんぺい〉、JR博多シティが登場

 今年6月4日に運行を開始した特急〈あそぼーい!〉や、肥薩線の山中をスイッチバックしながら走る〈いさぶろう・しんぺい〉が登場する。また、〈リレーつばめ〉として運行していた787系や〈かもめ〉〈ソニック〉で運行している885系がJR九州のロゴをまとった新しいデザインにリニューアルする。

 さらに、今年3月3日に開業したJR博多シティ、屋上に観覧車のある鹿児島中央駅ビルも登場する。



②大型スクリーンを使用したダイナミックな映像

 パノラマ後方に100インチ×3面の大型スクリーンを設置し、鉄道模型の走行にあわせて列車の実写走行シーンを大画面上で見ることができる。また、人気のJR九州「祝! 九州」CMやJR九州の列車に関する映像も見ることができる。



③CCDカメラ搭載の列車模型を運転することができる

 現在、演出運転終了後の10分間のみ運転ができた列車模型の運転可能時間が大幅に増える。運転可能な車輌を特急〈あそぼーい!〉と新800系新幹線にリニューアルし、車輌の先頭にCCDカメラを取付け、カメラからの映像をライブでスクリーンに投影する。



 ※但し、有料。100円で3分間運転できる

 ※パノラマ演出開始前20分間及び演出上映中10分間は運転できない



④タッチパネル式列車検索システムを設置

 今年3月12日に全線開業した九州新幹線や、同じく今年10月8日にデビューした特急〈A列車で行こう〉などの観光列車、バス、高速船など九州内で活躍する乗り物について、タッチパネルで紹介の映像を見ることができる。


九州鉄道記念館 ウェブサイト


JR九州 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加