ニュース

JR北海道 グリーン車の座席をリニューアル

2011.10.14

 JR北海道は、キハ283系〈スーパーおおぞら〉、キハ281系及びキハ283系〈スーパー北斗〉、キハ183系〈北斗〉のグリーン席を、今年10月より順次リニューアルを実施する。





▲キハ283系グリーン車の客室内イメージ。

 イラスト:JR北海道 プレスリリースより(下画像とも)

▼リニューアルとなるグリーン車の腰掛正面イメージ。





 リニューアルは、プライベート空間を確保し、「ゆとり」や「なごみ」が感じられる室内の演出を行ない、機能的で快適な設備の充実を図る。

 腰掛は周囲の方の視線が気にならないように背もたれ上部の形状を工夫し、前後にスライドする大型背面テーブルやドリンクホルダーを設置して使い勝手を向上する。まくらの横にLED読書灯を、ひじ掛けにコンセントをそれぞれ設置する。

 生地は柔らかな触り心地で落ち着きが感じられるブラウン系のものを使用して上質な雰囲気が感じられるデザインとし、背もたれやマクラ、座ブトンなどを丸みのある形状として、やさしさが感じられるデザインとする。

 このほか、仕切壁、カーペット、カーテンが取り替えられるほか、キハ283系は荷棚、灯具の変更と天井の取り替えも実施される。

 リニューアルしたグリーン車は、キハ283系は10月20日(木)、キハ281系は10月23日(日)に1輌ずつデビューする予定。その後、順次リニューアルが進められ、2013(平成25)年3月までに完了する予定となっている。

 また、グリーン車のオーディオサービスは今年10月31日をもって廃止となる。但し10月中にデビューするリニューアル車輌はその時点でサービスを終了する。


JR北海道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加