ニュース

北勢線全線電化開通80周年を祝う会 開催

2011.06.13

 北勢線は昭和6年7月8日、桑名町(京橋駅)―阿下喜間で全線電化開通(区間開通は昭和3年)、同時に蒸気機関車からモハニ50形電車(現モニ220系)が走り始めた。

 今回全線電化開通80周年にあたり、7月8日(金)10:00から「阿下喜温泉あじさいの里」において記念の式典が開催される。

 奇跡的なモ二226号修復への道程を発表後、阿下喜駅で修復中の220系唯一の現存車「モニ226外装完成披露」を行なう。



■日時

 2011(平成23)年7月8日(金) 10:00より



■場所

 阿下喜温泉「あじさいの里」体験ホール

 三重県いなべ市北勢町阿下喜788



■主催

 ASITA(北勢線とまち育みを考える会)



■共催

 軽便鉄道博物館



■後援

 北勢線対策推進協議会(桑名市、いなべ市、東員町、三岐鉄道(株))


ASITA(北勢線とまち育みを考える会) ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加