ニュース

富士急行 7月1日に富士山駅誕生!

2011.05.24

 来たる7月1日(金)、富士急行線富士吉田駅が駅名改称し「富士山駅」が誕生する。

 富士山駅誕生にあわせて富士急行では、デザイナー水戸岡鋭治氏の全面的なサポートのもと、富士山の玄関口として、自然環境に恵まれた「富士山に一番近い鉄道」富士急行線にふさわしい健康的で魅力的な公共空間となるよう、駅施設の一部リニューアルを実施する。



 リニューアルは、駅前広場に富士山の玄関口にふさわしいシンボルとして、高さ約7メートル、朱塗りの大鳥居を設置。これは富士山の神である「木花咲耶姫(コノハナノサクヤヒメ)」を祀る「北口本宮富士浅間神社」が富士山吉田口登山道の入口にあたっていることに倣ったものである。



▼駅前広場に設置される大鳥居のイメージ。 富士急行 プレスリリースより(以下3点とも)



DESIGNED & ILLUSTRATED BY EIJI MITOOKA + DON DESIGN ASSOCIATES



 待合室はコンコースに移設し、新たに四方をガラス張りとした開放感あふれるデザインとするとともに、プラットホーム上には、電車を待つ間にちょうど富士山を正面に仰ぐ位置で眺望が楽しめるよう、新たに「展望デッキ(仮称)」を設置する。

 また、駅周辺では最も高い建物である6階建てターミナルビルの屋上部分に、ウッドデッキにベンチやテーブル、緑の植栽を配した「屋上展望テラス(仮称)」を設置し、左右に大きく裾野を広げた秀麗な富士山の姿を、遮るものなく正面に望むことができるようになる。



▼富士山駅のコンコースイメージ。



DESIGNED & ILLUSTRATED BY EIJI MITOOKA + DON DESIGN ASSOCIATES



▼こちらはプラットホームのイメージ。



DESIGNED & ILLUSTRATED BY EIJI MITOOKA + DON DESIGN ASSOCIATES



▼ターミナルビル屋上に設置される「屋上展望テラス(仮称)」のイメージ。



DESIGNED & ILLUSTRATED BY EIJI MITOOKA + DON DESIGN ASSOCIATES



 各施設のリニューアルにあたっては「木」を多用した意匠とされ、サイン類についても深いブラウンを基調としたものに統一する。

 一方、外国から来られた方が利用しやすいように、コンコースの列車出発案内表示板および自動券売機については液晶ディスプレイ方式による英語・中文簡体字・韓国語・日本語の4か国語に対応した装置を3月より先行して導入しており、プラットホーム上の駅名看板についても同様に4か国語対応となる。

 このほか、「富士山周辺の恵みを集めた市場(マルシェ)」をイメージとした、富士山周辺の名産品を集めたショップをコンコース付近に新設するとともに、ターミナルビル地下1Fの既存フードコートのメニュー構成を見直し、地元名物「吉田のうどん」をはじめとした富士山麓の名物グルメを集めて提供。地元市町村発行の観光情報資料などを提供する情報発信スペースも併設する。



 なお同社では富士山観光のアクセスを整備する一環として、富士山五合目登山バスの運行経路および時刻を原則として富士山駅始発となるよう変更するとともに、「吉田口登山道一合目からの登山」に便利な「馬返しバス」の新規運行を行なう。

 さらに「富士山駅」誕生を記念して、各種記念グッズや記念乗車券類も発売予定となっている。


詳しくはこちらから


富士急行線 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加