ニュース

JR九州 三角線に観光特急列車

2011.05.17

 JR九州では、南九州の観光をより一層盛り上げるため、三角線に新たな観光特急列車を今年秋(予定)より運転する。



▼熊本―三角間で運転される特急〈A列車で行こう〉の車輌外観イメージ。



画像提供:JR九州(以下3点とも)



 特急〈A列車で行こう〉は気動車2輌編成で運行。1号車には座席28席のほかにカウンターテーブル、ベンチ、ソファーとともに“A-TRAIN BAR”が設けられる。また、2号車には座席40席と4人用セミコンパートメント4区画、ソファ、子ども椅子が設置される。



■愛称名

 特急〈A列車で行こう〉



■運転開始時期

 2011(平成23)年秋(予定)



■運転日

 土曜・日曜・祝日運転 ※冬休み、春休み等は毎日運転



■運転区間

 鹿児島本線・三角線 熊本―三角間(1日2往復)



■運転時刻概要

◎熊本→三角

 〈A列車で行こう1号〉 熊本10:35頃→三角11:15頃

 〈A列車で行こう3号〉 熊本14:05頃→三角14:45頃



◎三角→熊本

 〈A列車で行こう2号〉 三角11:20頃→熊本12:00頃

 〈A列車で行こう4号〉 三角14:50頃→熊本15:30頃



■停車駅

 熊本、宇土、三角 ※予定



■車輌・定員

 気動車2輌84名 ※全車指定席



■その他

○特急〈A列車で行こう〉は三角港―本渡港間を運行している定期航路「天草宝島ライン」と

 三角で接続。



○天草観光の利便性向上のため、熊本―本渡間で運行されているバス「あまくさ号」を組み

 合わせたきっぷなども検討。



 なお詳細については、決定次第改めて発表される。





▲1号車に設置される“A-TRAIN BAR”のイメージ。バーカウンターも設けられる。





▲2号車のセミコンパートメント、ソファー、子ども椅子のイメージ。





▲特急〈A列車で行こう〉の車輌平面図。


JR九州 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加