ニュース

キヤノン EOS Kiss X5などを発表

2011.02.07

 キヤノンは7日、エントリー向けデジタル一眼レフカメラ“EOS Kiss X5”をはじめとする新製品を発表した。



EOS Kiss X5



→EOS Kiss X5 ※EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II装着時



 “EOS Kiss X5”は、“EOS Kiss X4”の後継機モデルで、約1800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)に高性能エンジン「DIGIC 4」を搭載。ISO感度は常用設定でISO100~6400、拡張設定でISO12800まで可能とする。

 また、EOS Kissシリーズでは初めて「バリアングル・クリアビュー液晶モニター」を採用したほか、全自動撮影機能「シーンインテリジェントオート」を搭載している。この「シーンインテリジェントオート」は、「EOSシーン解析システム」が撮影シーンの状態を解析した結果を元に、露出、ピント、機能が進化したホワイトバランスと明るさ・コントラストに加え、新たに色合いを加えた5つのオート機能が連動して撮影シーンに最適な画像補正を制御するもの。このため、様々なシーンに応じて、最適な画像を簡単に得ることができる。

 「EOS ムービー」はフルHD記録ができるのはもちろん、数秒単位で撮影した複数のシーンをつなげてBGM付きのショートムービーを簡単に作ることのできる「ビデオスナップ」機能と、最大10倍までのズームが行なえる「動画デジタルズーム」機能を初めて搭載した。

 そのほか、昨年9月に発売された“EOS 60D”に搭載されている「表現セレクト」機能や撮影画像に特殊効果を加えることができる「クリエイティブフィルター」機能、ライブビュー撮影時に画面のアスペクト比を選択できる「マルチアスペクト」機能も搭載している。

 “EOS Kiss X5”はボディ単体のほか、EOS Kiss X5ボディと“EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II”がセットになった「EOS Kiss X5・EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS IIレンズキット」、EOS Kiss X5ボディと“EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II”、“EF-S 55-250mm F4-5.6 IS”がセットになった「EOS Kiss X5・ダブルズームキット」が用意される。

 価格はオープン価格で、市場想定価格はボディ単体が税込90,000円前後、「EOS Kiss X5・EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS IIレンズキット」が税込100,000円前後、「EOS Kiss X5・ダブルズームキット」が税込130,000円前後。発売日は2011年3月3日。



EOS Kiss X50





EOS Kiss X50 ※EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II装着時



 約1220万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)に高性能エンジン「DIGIC 4」を搭載したモデルで、ボディーカラーは「ブラック」と「レッド」の2種類が用意される。

 小型軽量のボディながらボタンやダイヤル類は大きく使いやすく、すべて背面右側に集中して配置されており、グリップを握ったまま片手で快適に操作が可能。

 また、液晶モニターに撮影モードや機能の内容を分かりやすく説明するガイドを表示する「機能ガイド」をEOSシリーズとして初めて搭載している。

 “EOS Kiss X50”はボディ単体、EOS Kiss X50ボディと“EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II”がセットになった「EOS Kiss X50・EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS IIレンズキット」、EOS Kiss X50ボディと“EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II”、“EF-S 55-250mm F4-5.6 IS”がセットになった「EOS Kiss X50・ダブルズームキット」、さらにEOS Kiss X5ボディと“EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II”、“EF50mm F1.8 II”がセットになった「EOS Kiss X5・こだわりスナップキット」が用意される。

 こちらも価格はオープン価格で、市場想定価格はボディー単体が税込50,000円前後、「EOS Kiss X50・EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS IIレンズキット」が税込60,000円前後、「EOS Kiss X50・ダブルズームキット」が税込90,000円前後、「EOS Kiss X5・こだわりスナップキット」が税込70,000円前後。発売日は2011年3月下旬。なお、ボディー単体は受注生産となっている。



EF500mm F4L IS II USM

EF600mm F4L IS II USM






(左)EF500mm F4L IS II USM (右)EF600mm F4L IS II USM



 昨年8月に開発中である旨が発表され、「フォトキナ2010」に参考出展された“EF500mm F4L IS II USM”と“EF600mm F4L IS II USM”が正式に発売される。

 どちらも蛍石レンズ2枚を採用し、メカ構成を見直すことで、従来機種より“EF500mm F4L IS II USM”は約18%、“EF600mm F4L IS II USM”は約27%の軽量化がなされている。さらに高性能手ブレ補正機構を搭載するとともに、プロの過酷な仕様に耐える高い耐久性と堅牢性と防塵・防滴性能を有する。

 “EF500mm F4L IS II USM”は2011年5月の発売で、価格は1,080,000円(税別)。“EF600mm F4L IS II USM”は2011年6月の発売で、価格は1,370,000円(税別)となっている。



EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II

 従来機種の“EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS”の光学設計を継承したモデル。高精度な非球面レンズ1枚を採用し、レンズ配置とコーティングの最適化により、諸収差を良好に補正、フレアやゴーストを大幅に抑制して高解像・高コントラストな画質を実現する。

ズームリング前部にはプラチナ・カラーのリングを配置し、本体にレザートーン塗装が施され、高級感あるスタイリッシュなデザインに一新している。

発売は2011年3月で、価格は33,000円(税別)。



参考出展 EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4X

 あわせて、開発中の超望遠レンズ“EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4X”の外観サンプルが、パシフィコ横浜で開催されるカメラと写真の総合展示会「CP+(シーピープラス)」に参考出展される。

 “EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4X”は1.4倍の内蔵エクステンダーと高性能な手ブレ補正機構を搭載した超望遠ズームレンズ。蛍石などの特殊光学材料が採用され、過酷な撮影環境に耐えうる防塵・防滴性能が実現される予定。

 発売時期は2011年年内が予定されているが、仕様の詳細は未定。



 なお、このほかにデジタルカメラ IXY シリーズの新製品3機種とデジタルカメラ PowerShot シリーズの新製品4機種の発売も発表されている。



■問合せ先

 キヤノンお客様相談センター

 050-555-90002


EOS DIGITAL ホームページ< /a>


EF レンズホームページ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加