ニュース

約100年前の山手線が眼前に復活する

2010.09.14

 サッポログループでは2010(平成22)年9月16日(木)~20日(月・祝)の期間、「ヱビスビール」発祥の地である「恵比寿ガーデンプレイス」においてビヤフェスティバル「恵比寿麦酒祭(ヱビスビールまつり)」を開催する。

 その期間中の3日間、ヱビスビール生誕120周年を記念した目玉企画として、最先端CG技術を駆使した参加型イベント「YEBISU TIME TRAVEL(エビス タイム トラベル)」を実施する。

 このイベントでは、かつて山手線で活躍したナデ6110形電車をCGで再現。CGと現実の映像を重ね合わせる「AR(拡張現実)技術」を用いて、昔の電車がまるで自分のすぐ横を走っているかのようなリアリティな体験をすることができる。

 CG作成には鉄道博物館(さいたま市)が全面的に協力、同館に展示されているナデ6141を元に制作している。

 また、ヱビスビール記念館では同じ技術で、当時の電車のミニチュアを手元で操る体験ができる。



■開催日時:2010(平成22)年9月18日(土)~9月20日(月・祝) 11:00~19:00

■場所:恵比寿ガーデンプレイスB1、ヱビスビール記念館

     ※ともに恵比寿ガーデンプレイス内

■料金:無料

■問合せ先

 恵比寿麦酒祭 実行事務局

 TEL:03-5575-6079


恵比寿麦酒祭ページ


サッポロビール ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加