ニュース

『そらちの炭鉱鉄道展 ~炭鉱(ヤマ)とともに走りだした~』を開催

2010.06.30

 NPO法人炭鉱の記憶推進事業団では、『そらちの炭鉱鉄道展 ~炭鉱(ヤマ)とともに走りだした~』を開催する。



▼三菱鉱業美唄鉄道線のさようなら運転。



写真提供:NPO法人炭鉱の記憶推進事業団



 今年は、北海道初、日本でも3番目の鉄道、幌内鉄道開業から130年の年。空知地域の石炭輸送のために敷設された炭鉱鉄道が、現在の日本の近代化に大きな役割を果たした歴史を、マップなどのパネル展示と当時の貴重な写真でふり返る。

 当時の岩見沢駅周辺の炭鉱と鉄道の風景を収めたカラー映像も上映することで、活気あふれる時代がよみがえる。



■会期:2010(平成22)年7月17日(土)~8月23日(月)  火曜日休館

■時間:10:00~18:00

■場所:そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター

     北海道岩見沢市1条西4丁目3 TEL:0126-24-9901

■入場料:無料

■主催:NPO法人炭鉱の記憶推進事業団

■後援:岩見沢市教育委員会

■協力:三笠鉄道記念館


NPO法人炭鉱の記憶推進事業団 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加