ニュース

ニコンからFXフォーマット対応レンズ2種

2010.02.09

 株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、FXフォーマット対応で焦点距離 16mmからの交換レンズとしては世界初(FXフォーマット対応焦点距離16mmからの超広角ズームレンズにおいて/2010年2月9日現在、同社調べ)となる、「手ブレ補正(VRII)」機構を搭載した超広角ズームレンズ「AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR」と、焦点距離 24mm、開放F値1.4を採用したFXフォーマット対応大口径広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」を発売する。



■「AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR」



→開放F値4 固定の超広角ズームレンズ「AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR」


 シャッタースピード約4段分の手ブレ軽減効果を発揮する「手ブレ補正(VRII)」機構、超音波モーター(Silent Wave Motor=SWM)を搭載し、ゴーストやフレアに対し、高い低減効果を発揮する「ナノクリスタルコート」や、EDレンズ2枚、非球面レンズ3枚を採用し、開放F値4固定を実現。「M/A」(マニュアル優先オート)モードと「M」(マニュアル)モードの2つのフォーカスモードを搭載している。

 希望価格は154,000円(税込161,700円)で、発売予定日は2010年2月26日。


■「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」



→開放F値1.4の大口径広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」


 焦点距離24mm、開放F値1.4の大口径広角単焦点レンズで、明るさを活かした美しく大きなボケ味とダイナミックな遠近感のある撮影を可能とする。EDレンズ2枚、非球面レンズ3枚を搭載し、高い解像度と優れた収差バランスを実現。「ナノクリスタルコート」を採用するとともに、超音波モーター(SWM)、「M/A」モードと「M」モードの2つのフォーカスモードを搭載している。

 希望小売価格は272,000円(税込285,600円)で、発売予定日は2010年3月19日。


■問合せ先

 ニコンカスタマーサポートセンター ナビダイヤル 0570-02-8000

  ナビダイヤルがご利用いただけない場合は、TEL:03-6702-0577へ


ニコン・ホームページ


ニコン・映像カンパニーホームページ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加