ニュース

阪急京都線 3月14日ダイヤ改正

2009.12.10

 阪急電鉄では、正雀―南茨木間に摂津市駅を開業するのにあわせて、2010(平成22)年3月14日に京都線のダイヤ改正を実施する。

 今回のダイヤ改正では、神戸本線に続いて京都本線で進められていたATS改良工事の完成、並びに特急車として使用している6300系車輌の9000系車輌への置換えが完了することから、スピードアップによる各駅間の所要時分短縮が図られる。

 また、列車種別の変更、早朝・深夜時間帯の運転の見直しを行ない、利便性を向上させるとともに、行楽シーズンには梅田、河原町、神戸方面、宝塚方面から嵐山への直通列車を運行し、利用客へのサービス向上を図る。



■ダイヤ改正日:2010(平成22)年3月14日(日)

■ダイヤ改正の内容

★スピードアップ

 ATS改良工事と9000系車輌への置換え完了にあわせて、相川―東向日間における「特急」「通勤特急」の最高速度を110km/hから115km/hに引き上げ。これにより昼間時間帯の「特急」(梅田―河原町間)最速列車で上り40秒、下りで50秒、所要時分を短縮する。



★サービスアップ

◆平日朝夕ラッシュ時

◎平日朝夕ラッシュ時間帯共通

・「通勤特急」の停車駅に茨木市を追加

・梅田での発着ホームを変更。「通勤特急」と「快速急行」の乗車ホームを1ヶ所(2号線)

 に統一

 ◇改正後の朝夕ラッシュ時間帯の発着ホーム

 1号線:「河原町行き普通」「北千里行き普通」

 2号線:「通勤特急」「快速急行」

 3号線:「快速」「準急」

 ※朝夕ラッシュ時間帯の一部の「河原町行き普通」は、3号線にて発着

 ※昼間時間帯は1号線を「特急」、2号線を「普通」、3号線を「準急」とし、「普通」と

   「特急」の発着ホームを入替え



◎平日朝ラッシュ時間帯

・普通列車の混雑解消のため、茨木市発梅田行き「準急」を廃止して「普通」を増発。

 淡路での千里線、大阪市営地下鉄堺筋線との接続を見直し



◎平日夕ラッシュ時間帯

・千里線、大阪市営地下鉄堺筋線から淡路乗換で長岡天神、桂、河原町方面への

 利便性向上を図るため、梅田発河原町行き「準急」の一部を「快速」に変更し、河原町

 まで先行する列車を増発

・天下茶屋発茨木市行き「準急」を高槻市まで延長運転。淡路での「快速急行」との接続

 はないが、長岡天神、桂、河原町方面へは茨木市と高槻市で「通勤特急」に乗り換えが

 可能となる



◆平日の早朝・深夜時間帯

◎平日の早朝時間帯

・5時台に長岡天神発の1本を増発し、初発時刻を繰り上げ。5時台の河原町発梅田行き

 「快速急行」を「快速」に種別変更



◎平日の深夜時間帯

・梅田24:00発の高槻市行き「準急」を桂まで延長運転

・河原町23:23発長岡天神行き「普通」を高槻市まで延長運転



◆土休日

・梅田8時台に到着する「準急」を増発して10分間隔で運転。また、8時台の「特急」を

 「快速急行」に種別変更

・茨木市6:16発梅田行き「快速急行」を、長岡天神6:02発梅田行き「準急」に変更



◆行楽シーズンの嵐山直通列車運行

・梅田―嵐山、河原町―嵐山、高速神戸―嵐山、宝塚(今津線経由)―嵐山の直通列車

 を運行。宝塚線では梅田行き臨時列車〈日生エクスプレス〉を運行し、十三で嵐山直通

 列車と接続(運行期間、運行時刻等はシーズン前に発表)。



 なお同電鉄では、土休日の昼間時間帯における大阪市営地下鉄堺筋線との接続や、堺筋線から京都方面への直通列車の運行など、さらなる利便性向上を図るためのダイヤ見直しを検討している。


詳しくはこちら(PDF形式)


阪急電鉄 鉄道情報サイト


阪急阪神ホールディングスグループ ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加