ニュース

JR北海道 札沼線を部分電化

2009.09.09

 札沼線(学園都市線)の札幌近郊区間である桑園―北海道医療大学間は沿線人口の増加に伴ない利用客が増加、さらに使用している気動車の老朽化が著しいことから、JR北海道では同区間を電化して所要時分短縮や混雑緩和、冷房化率向上を図る。電化開業時期は平成24年春(予定)。



 この電化事業では、変電所新設、電車線等の電力設備新設、信号・通信設備改修等の地上設備に工事費46億円を投入、事業主体は第三セクターの北海道高速鉄道開発(株)が行なう。

 また、車輌費も84億円をかけて新製車輌42輌等を投入する。なお新製車輌を含め、電車は札幌圏全体で共通運用する予定となっている。



 札沼線部分電化により札幌―石狩当別間の所要時分は最大7分短縮となるほか、朝ラッシュ時における混雑率は車輌の3ドア化により130%から104%に、同じく朝ラッシュ時における冷房化率は100%に向上し、札幌圏一体となった高速鉄道ネットワークの形成が図られる。


詳しくはこちら(PDF形式)


JR北海道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加