ニュース

東北福祉大学・鉄道交流ステーションで企画展とフォトコンテスト

2009.07.22

 東北福祉大学・鉄道交流ステーションでは、第8回企画展「アジア列車で行こう Take the “Asian” Trains ~鉄道からみたアジアの国と文化~」並びに「第2回 鉄道交流フォトコンテスト」を開催する。



第8回企画展

 「アジア列車で行こう Take the “Asian” Trains ~鉄道からみたアジアの国と文化~」


■期間:2009(平成21)年7月28日(火)~11月7日(土)

■開館時間:10:00~16:00

■休館日:毎週日・月曜日及び祝日

■臨時休館:夏休み臨時休館8月11日(火)~15日(土)

       ※通常休館日を含めると8月9日(日)~17日(月)まで連休



■会場:東北福祉大学ステーションキャンパス3F・鉄道交流ステーション

     ※入場無料



■主催:東北福祉大学・鉄道交流ステーション

■後援:みちのく鉄道応援団

■スーパーバイザー:高橋敏昭(みちのく鉄道応援団)

■主な展示品

◎対象国

 東アジア(韓国・北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)・中国・モンゴル・香港・台湾)、東南アジア(フィリピン・ベトナム・タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・ミャンマー)、南アジア(バングラディッシュ・ネパール・スリランカ・インド・パキスタン)、中東(トルコ)



◎年代

 1991~2004年頃(中国・北京オリンピック前夜のアジアの鉄道)



◎写真

 様々な車輌写真のほか、駅や車中で出会った人々のエピソード写真



◎資料

 時刻表、ガイドブック、切符類、鉄道地図、ノベルティグッズ、模型など



■関連企画

 高橋敏昭講演会「鉄路万象~鉄道でめぐるアジアの国々~」

 10月3日(土) 13:30~



第2回 鉄道交流フォトコンテスト

■主催:東北福祉大学、東北福祉大学・鉄道交流ステーション

■後援:宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、河北新報社、仙台放送

■協力:東日本旅客鉄道株式会社仙台支社、みちのく鉄道応援団

■テーマ:「鉄道のある風景」

■応募資格:中学生、高校生、大学生、専門学校生、一般(15歳から22歳まで)

       ※個人応募、グループ応募を問わず



■締切:2009(平成21)年8月31日(月)

     ※応募期間 2009(平成21)年8月1日(土)~8月31日(月)



■審査委員

 柏木 璋一(みちのく鉄道応援団・元河北新報社社員)

 渡邊 裕太郎(民放カメラマン・みちのく鉄道応援団)

 伊藤 トオル(フリーランスカメラマン)

 前田 泰弘(東北福祉大学准教授・鉄道交流ステーション運営委員)



■表彰

○グランプリ(1作品) 賞状、賞品

○優秀賞        賞状、賞品

○入選         賞状、記念品



■入選発表:2009(平成21)年10月1日(木)

       東北福祉大学・鉄道交流ステーションのウェブサイトにて掲載・発表。

       http://www.tfu.ac.jp/rmlc/index.html



■展覧会

○期間:2009(平成21)年10月13日(火)~11月1日(日)

○開場:東北福祉大学ステーションキャンパス 展示ホール



★第8回企画展並びにフォトコンテストの問合先★

 〒981-8523 仙台市青葉区国見1丁目19-1

 東北福祉大学ステーションキャンパス・鉄道交流ステーション

 担当:鈴木

 TEL:022-728-6612

 E-mail:railway@tfu-mail.tfu.ac.jp

 http://www.tfu.ac.jp/rmlc/exhibition/index.html


  • このエントリーをはてなブックマークに追加