ニュース

銚子電鉄 車輌支援オーナー募集と愛称命名権売却

2009.07.06

 銚子電鉄では、デハ700形とデハ800形の老朽化が著しいことから、車輌代替更新により伊予鉄道より800形2編成計4輌の車輌を購入し運用する計画を進めている。

 しかし、企業努力にもかかわらず資金調達が厳しいことから、車輌導入工事費用の一部を債券化し、これを車輌オーナー制度として一口10万円でオーナーを募集するとともに、1編成につき1個の愛称命名権を売却する。



募集要項

■車輌支援オーナー制度

○車輌導入費用9300万円のうち、概ね2000万円を債券化し、一口10万円で200口を第一回オーナーとして募集。

○募集期間:2009(平成21)年7月中旬~8月31日

○募集口数:200口(1名最大10口まで)

○オーナー特典

・一口につき1年間有効の全線優待券を発行(最高10年間)

・車内にオーナー名を掲載(匿名希望の場合は掲示されない)

※優待券の起算日は毎年1月1日

※優待券の材質は口数に応じて硬化(プラスチック、金属)を検討中



■愛称命名権売却

○1編成につき1個の愛称命名権を売却

○愛称の使用期限:原則無期限(当該車輌が廃車となるまで)

○募集期間:2009(平成21)年7月中旬~8月31日

○審査

 市民・有識者・同社社長と社員により絞り込みを行ない、最終的には利用者による投票で決定。

○発表:次期車輌出発式当日

     ※命名権者には2009(平成21)年12月1日以降

○売却金額:1編成300万円

○命名者特典:車輌に掲示する愛称を記したプレートと同様のプレートを寄贈

○応募資格:個人、法人を問わない

※決定した愛称については、命名権者にいかなる理由が発生しようとも変更はしない

※募集と並行して、オークションへの出品も予定



申込方法

○車輌支援オーナー制度並びに愛称名命名権売却専用用紙を各駅で入手するか、同社サイトよりダウンロード。

 所定の応募用紙に必要事項を記入の上、同社駅窓口に預けるか郵送にて送付。

○申込用紙の配布は2009(平成21)年7月18日からを予定

○車輌支援オーナー制度申込みの入金は、指定の郵便口座へ一口を10万円として最高10口までの金額を振り込み。12月20日以降に車輌オーナー制度登録者用全線優待券を郵送。

○愛称命名権売却による命名権者の入金は、愛称命名権者指名の通知後、同社指定の口座へ振り込み。


詳しくはこちら(PDF形式)


銚子電鉄 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加