ニュース

鉄道博物館で東海道本線全通記念映画会

2009.06.29

 鉄道博物館では東海道本線全通120周年を記念して、同館で所蔵している貴重な映画作品の中から、東海道本線沿線を舞台とした作品の上映を行なう。



■期日:2009(平成21)年7月2日(木)~7月31日(金)の期間中、休館日を除く毎日

     (但し7月8日(水)、7月15日(水)、7月23日(木)の上映はお休み)

■会場:鉄道博物館ノースウィング鉄博ホール

■上映スケジュール

【プログラム1】 各日とも12:00~、14:00~

◎作品タイトル『つばめを動かす人たち』

○上映時分:23分

○制作:日映科学映画制作所

 当時の国鉄を代表する東海道本線の特急〈つばめ〉下り1列車の運転の様子を紹介したドキュメンタリー作品。機関車時代の特別急行列車の安全と、確実かつ快適な運行を支えた人々の様子を紹介。

※1954年/モノクロ作品



【プログラム2】 各日とも13:00~、15:00~

◎作品タイトル『特急 あさかぜ』

○上映時分:15分

○企画/制作:日立製作所/日映科学映画制作所

 東京―博多間を結ぶ夜行特急列車〈あさかぜ〉用に製作された20系客車。日立製作所笠戸工場での製造の様子と、冷暖房完備、空気バネ台車による優れた乗り心地、個室寝台や食堂車など豪華な設備で“走るホテル“と呼ばれた同車の姿を紹介した作品。

※1958年カラー作品


鉄道博物館 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加