ニュース

キヤノン EOS Kiss X3 発表

2009.03.25

 キヤノンは25日、フルハイビジョン対応の動画撮影機能を備えた、エントリー向けデジタル一眼レフカメラ“キヤノン EOS Kiss X3”を発表した。



 本機種は新開発の約1510万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)と高性能映像エンジン「DIGIC 4」を採用。常用設定ISO感度はISO100~3200まで拡大したほか、拡張設定でISO6400、12800までの感度拡張が可能となった。

 連続撮影速度は3.4コマ/秒。連続撮影可能枚数はJPEG(ラージ/ファイン)で約170枚と“キヤノン EOS Kiss X2”に比べて飛躍的に枚数が増加した。

 また、EOS Kiss DIGITALシリーズとして初めてフルHD(1,920×1,080画素)記録が可能な動画撮影機能を搭載。動画はフルHDだけでなくHD(1,280×720画素)やSD(640×480画素)のモードも用意され、動画撮影中の静止画撮影にも対応している。

 背面液晶は高精細・反射防止コーティング付約92万ドットの3.0型クリアビュー液晶を搭載し、撮影時の設定や設定確認、ライブビュー撮影時により効果を発揮する。



 ボディ単体のほか、EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISとセットになった「EOS Kiss X3・レンズキット」、EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISとEF-S55-250mm F4-5.6 ISがセットになった「EOS Kiss X3・ダブルズームキット」も用意。いずれも4月下旬発売予定で、価格はオープン価格。

 さらに、単3形電池2本で動作する、軽量・コンパクトながらバウンス撮影も可能なEOSシリーズ用の外部ストロボ“スピードライト 270EX”も4月下旬に発売する。こちらの価格は16,000円(税別)。


詳しくはこちらから


キヤノン ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加