ニュース

豊橋鉄道・豊橋バスで“なのはな号”運行

2009.01.07

 豊橋鉄道と豊鉄バスでは、田原市観光協会により2009(平成21)年1月10日(土)~3月31日(火)の期間に開催される「渥美半島菜の花まつり」にあわせ、菜の花をイメージした電車・バス“なのはな号”を2009(平成21)年1月10日(土)から運転する。

 また田原市観光協会では、豊鉄ミデイ株式会社に委託し、伊良湖岬周辺の菜の花畑めぐりに便利な無料シャトルバスも運行する。



▼“なのはな号”の外観イメージ。



イラスト提供:豊橋鉄道



■渥美線“なのはな号”

○運転期間:2009(平成21)年1月10日(土)から当分の間

○運転区間:新豊橋―三河田原間

○使用車輌:モ1805号(3輌編成)

○装飾

 外観は、車輌正面とドア横部分に満開の菜の花畑をイメージしたラッピングシートを貼り付け。また、車輌正面に「渥美半島菜の花まつり」の開催をPRするヘッドマークも装着。

 内装は、座席カバーやつり手を黄色に変更して菜の花のイメージを醸し出すとともに、車内広告はすべて「渥美半島菜の花まつり」のPRポスターとし、本イベントをPR。



○運転時刻

新豊橋三河田原 三河田原新豊橋
6:116:47 5:346:04
8:008:35 7:007:34
9:4510:20 8:479:22
11:3012:05 10:3211:07
13:1513:50 12:1712:52
15:0015:35 14:0214:37
16:4517:20 15:4716:22
18:3019:05 17:3218:07
20:1520:50 19:1719:52
22:0022:35 21:0221:37


※運行初日の1月10日(土)は三河田原で運行セレモニーを実施するため、上記ダイヤと

 は異なる

※新豊橋発9:45、11:30、18:30の列車は、三河田原で伊良湖岬行き豊鉄バス“なのはな

 号”に接続

※月・金曜日及び1月13日(火)、3月19日(木)は、点検のため他の車輌で運行(但し1月

 12日(月)と3月20日(金)を除く)

※やむを得ない状況により、予告なく他の車輌で運行する場合がある



■豊鉄バス“なのはな号”

○運転期間:2009(平成21)年1月10日(土)から当分の間

○運転区間:伊良湖本線(豊橋駅前―田原駅前―福江―伊良湖岬間)および

        伊良湖支線(渥美病院―赤羽根―保美間)

○使用車輌:路線バス2輌(今年から1輌増車)

○装飾

 車体に菜の花をイメージしたラッピングシートを貼り付けた“なのはな号”を昨年の「なのはなまつり」から運転しているが、今年は1輌増車し2輌で運転



■“なのはな号”(電車・バス)運行開始セレモニー

 豊橋鉄道と豊鉄バスでは田原市観光協会協力のもと、“なのはな号”(電車・バス)の運行開始にあわせ、2009(平成21)年1月10日に三河田原駅で記念セレモニーを行なう。



○主催:豊橋鉄道株式会社、豊鉄バス株式会社

○協力:田原市観光協会

○日時:2009(平成21)年1月10日(土)11:00~

○場所:豊橋鉄道渥美線三河田原駅



☆当日の“なのはな号”運転時刻

【渥美線】

新豊橋10:45→三河田原11:20

【路線バス】

三河田原駅前11:24→伊良湖岬12:15



■割引乗車券の発売

 豊橋鉄道と豊鉄バスでは、「渥美半島菜の花まつり」へ出かける方向けに、菜の花まつり開催期間中の土曜・休日に利用できる往復割引乗車券「豊鉄 菜の花きっぷ」を発売する。



★「豊鉄菜の花きっぷ」

○発売期間:2009(平成21)年1月10日(土)から同年3月29日(日)まで

○利用期間:2009(平成21)年1月10日から同年3月29日までの土曜、日祝日

○発売金額:大人1,600円、小人800円

○有効区間:新豊橋駅・豊橋駅前―伊良湖岬間の1往復(豊橋鉄道渥美線、豊鉄バス)

○有効期間:使用開始日から2日間

        ※日曜日に使用を開始し、翌日が祝日でない場合、有効期間は1日となる

○発売箇所:渥美線主要駅(新豊橋・柳生橋・南栄・大清水・三河田原)、豊橋駅バスセンター、豊鉄バス渥美営業所、伊良湖旅客ターミナル

○特典:本券の提示により、ガーデンホテル前の菜の花畑で菜の花狩ができる



 また、菜の花畑観賞後、伊良湖岬から伊勢湾フェリーを利用して、鳥羽や伊勢志摩の観光を楽しむ方向けに「豊橋・鳥羽割引きっぷ」を通年発売している。


詳しくはこちら


豊橋鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加