ニュース

阪急6300系がリニューアルのうえ嵐山線へ

2008.10.27

 阪急電鉄では、京都線の特急で運行してきた6300系を順次9300系に置き換えているが、同社ではこの6300系をリニューアルのうえ、来春に嵐山線で再デビューすることを発表した。



▼6300系(先頭車)のリニューアルイメージ。



イラスト:阪急電鉄ニュースリリースより



 リニューアルの内容は次のとおり。



○現行8輌編成を4輌編成に変更

○クロスシートを2列+2列から1列+2列に変更

○扉付近の座席をロングシート化(シート仕切りを設置)

○内装色をこれまでのリニューアル車輌と同様のものに変更

○日よけをスクリーンタイプに変更

○乗降口扉ガラスの大型化及びUVカットガラスの採用

○乗降口扉に開閉予告表示灯を設置

○車椅子スペースの設置

○非常通話装置の設置



 この6300系リニューアル車は、2009年春頃に嵐山線で営業運転を開始する予定となっている。


詳しくはこちら(PDF形式)


阪急阪神ホールディングスグループポータルサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加