ニュース

東武鉄道 駅係員・乗務員の制服をモデルチェンジ

2008.10.22

 東武鉄道では、会社創立111周年を迎える11月1日より駅係員及び乗務員の制服をモデルチェンジする。



 今回のモデルチェンジにあたっては、社員の声を取り入れるために2006年3月から社員による「制服モデルチェンジワーキング」を立ち上げ、カラーや機能性についてのアンケート等を実施し、社員の声を反映している。

 制服の素材にはペットボトルの再生繊維を使用し、クールビス対応した夏季用シャツとあわせて環境にも配慮したものとなっているのが特徴。

 『安心(信頼)』、『輝き(将来性)』、『誇り』の3つをコンセプトにし、デザイン監修は財団法人日本ユニフォームセンター、チーフデザイナーには財団法人日本ユニフォームセンター専門委員の嗣永 龍彦(つぐなが たつひこ)氏を起用している。



→東武鉄道冬服イメージ。左より一般職用(男性用)、一般職用(女性用)、現業長用(女性用)、現業長用(男性用)。
P:東武鉄道ニュースリリースより(下写真とも)



→東武鉄道夏服イメージ。左より一般職用(男性用)、一般職用(女性用)、現業長用(女性用)、現業長用(男性用)。



 また、同日より東武バスグループ各社(東武バスセントラル株式会社、東武バスウエスト株式会社、東武バスイースト株式会社、東武バス日光株式会社)の乗務員・事務員の制服もモデルチェンジする。



▼(左)東武バスグループ冬服イメージ。(右)東武バスグループ夏服イメージ。



詳しくはこちら(PDF形式)


東武鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加