ニュース

京阪 最終天満橋ゆきの列車に行先表示板取付

2008.10.10

 京阪電気鉄道中之島線開業に伴ない、10月19日(日)より京阪線のダイヤ改訂が実施されるが、このダイヤ改訂で天満橋ゆきの列車が消滅する。

 京阪電車は明治43年(1910年)天満橋―五条間で営業運転を開始したことから天満橋ゆきの列車は京阪電車の原点といえる。

 そこで同社は、ダイヤ改訂前日である10月18日(土)に出町柳15:14発、天満橋16:53着の最終天満橋ゆき普通列車に「天満橋」の行先表示板を掲出、天満橋ゆき列車の花道を飾ることにした。



▼行先表示板を掲出した1000系。なお使用する車輌形式は当日の運用により異なる場合がある。



P:京阪電気鉄道 報道発表資料より



★天満橋ゆき最終列車★

■運転日:2008(平成20)年10月18日(土)

■運転時刻

 出町柳15:14→天満橋16:53



■種別:普通

■編成:7輌編成



※天満橋始発の最終列車は同日17:07発の普通三条ゆき



 なお同日は、往年の特急車輌1900系が天満橋16:29発の区間急行萱島ゆきとして、通常運用としては最終運転を行なうことになっており、懐かしい風景が行き交うことになる。

 また五条駅も10月19日より清水五条(きよみずごじょう)駅に改名されるため、10月18日は京阪電車にとって一つの区切りの日となる。


詳しくはこちら(PDF形式)


京阪電気鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加