ニュース

京阪 新型3000系のミニ電車を製作

2008.07.23

 京阪電気鉄道では、今年10月19日(日)の中之島線開業に合わせて投入する新型車輌「3000系」のミニ電車を製作した。





▲新型車輌「3000系」のミニ電車(報道発表資料より)



 この3000系のミニ電車のサイズは実車の1/9.5スケールで、1編成あたり最大18名を乗せて専用レール上を走行する事が可能。また、座席の素材には実車と同じ東レ(株)の最高級スエード調素材「エクセーヌ」を用いている。

 このミニ電車は、7月25日(金)・26日(土)に開催される「京阪ファミリーサンクスフェア in ひらパー」におけるイベント、「ミニ電車に乗ろう!」にてデビューする。なお、「ミニ電車に乗ろう!」は有料(1人につき1回100円)で、収益はすべて「緑の募金」へ寄付する。

 また、現在塗装変更が進んでいる新塗装「8000系」車輌のミニ電車も、上記イベントで初披露となる。



【ファミリーサンクスフェア in ひらパー】

 7月25日(金)・26日(土)の2日間、ひらかたパークの入園料を無料とし、イベントホールIで各種イベントを開催する。

 新型車輌「3000系」のミニ電車(有料)や、制帽をかぶって記念撮影ができる「制帽でハイチーズ」(無料)、「鉄道模型の展示・運転」(無料)などの催しのほか、グッズ販売のコーナーでは、新型車輌「3000系」の電車玩具「スルッとKANSAI 光るDX トレインセット第2弾(3000系中之島線直通優等車輌)」を数量限定で先行発売する(限定400個、1,500円)。



▲新型車輌「3000系」の電車玩具「スルッとKANSAI 光るDX トレインセット第2弾」(報道発表資料より)


詳細はこちら(PDF形式)


京阪電気鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加