ニュース

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D7000」などを発表

2010.09.15

 株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、新開発のCMOSセンサーと新画像処理エンジン「EXPEED 2」の搭載した中級クラスのニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D7000」、ニコンFXフォーマット対応大口径単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II」「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」を発表した。



ニコン D7000デジタル一眼レフカメラ

「ニコン D7000」




→デジタル一眼レフカメラ「ニコン D7000」

(AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR装着時)


 「D7000」は新開発のニコンDXフォーマットCMOSセンサーと新画像処理エンジン「EXPEED 2」を搭載。有効画素数16.2メガピクセルで、高精細な描写と豊かな階調表現で、高画質な撮影が可能となる。常用ISO感度はISO 100~6400で、Hi2(ISO 25600相当)までの増感設定が可能。

 ファインダーは視野率約100%、ボディーは上面、背面カバーにマグネシウム合金を採用してD90と同等の小型ボディーを実現しながら、さらに堅牢性を高めている。また、ボディーの各接合部にはシーリングを施し、高い防滴・防塵性能も確保している。

 さらに新開発の2016分割RGB測光センサーや39点フォーカスポイントのAFシステム、フルHD(1920×1080、24p)に対応した動画撮影ができる「Dムービー」を搭載している。なお、「Dムービー」では。コントラストAFでのピント合わせができ、AFモードを常時AFサーボ(AF-F)に、AFエリアモードをターゲット追尾AFに設定すると、動き回る被写体にもAFエリアが三次元で追従してピントを合わせ続ける。

 「D7000」はボディ単体のほか、AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR付きの「D7000 18-105 VR レンズキット」、AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II付きの「D7000 18-200 VR II レンズキット」が用意される。いずれも発売予定日は2010(平成22)年10月29日で、価格はオープンプライス。


 なお、「D7000」を中心としたエンドユーザー向け新製品体験展示会「Nikon Digital Live 2010」が東京・大阪で開催される。入場は無料。



【東京】10月15日(金)~10月17日(日): AKIBA_SQUARE(秋葉原UDX 2F)

【大阪】10月22日(金)~10月23日(土): 堂島リバーフォーラム

 詳細はhttp://www.nikon-image.com/へ。



「AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II」

 シャッタースピード約4段分の手ブレ軽減効果を発揮する「手ブレ補正(VRII)」機構を採用した、開放F値2の大口径望遠レンズ(ニコンFXフォーマット対応)。「手ブレ補正(VRII)」機構は「ノーマルモード」と「アクティブモード」の 2つのVRモードを搭載。さらにゴーストやフレアーに対し、高い低減効果を発揮する「ナノクリスタルコート」を採用するとともに、優れた色収差補正を実現するEDレンズを3枚、またそれ以外の収差についても高い補正能力を実現するスーパーEDレンズ1枚を採用している。

 発売予定日は2010(平成22)年10月1日で、希望小売価格は861,000円(税抜 820,000円)。


「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

 開放F値1.4の高画質で明るい大口径単焦点レンズ(ニコンFXフォーマット対応)。開放絞りでの高解像力と自然なボケ味が両立できるほか、諸収差補正に優れた光学設計により、フレアー、コマ収差を徹底的に補正している。

 こちらも「ナノクリスタルコート」を採用しているほか、改良された新しいMF駆動機構の搭載により、MFタイムラグを減少させ、「M/A」(マニュアル優先オートフォーカス)モード時のマニュアルフォーカスの操作感を向上させている。

 発売予定日は2010(平成22)年11月19日で、希望小売価格は241,500円(税抜 230,000円)。


ニコン・ホームページ


ニコン・映像カンパニーホームページ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加