資料館

播但線/寺前─長谷

2008.09.12
播但線では今なお主力!国鉄型気動車を撮る
08_09_12_kiha181.JPG
2008.9.7
中司朔良(兵庫県)
【ガイド】長谷駅の寺前寄り。かつて、客車普通列車や「マリン但馬」等臨客の撮影で賑わったところ。近年、猪等の野生動物による農作物の被害を防ぐため、当撮影地の線路脇ほか周辺に侵入防護フェンスが張り巡らされ、非常に撮影し辛くなってしまった。加えて、線路東側の里道がフェンスで閉鎖され、撮影可能場所が線路付近に限定されるようになった。線路手前の標識棒をいかにかわすかがポイントとなる。午前中サイドに陽が当たるが、正面には通年陽が回らない。
【レンズ】50mm
【アクセス】長谷駅下車。線路西側の道を5分程南下したところ。線路東側の雑木林が開け、田畑が見え始める地点。車なら播但連絡道路神崎南ICより県道8号線を西へ。寺前駅前より県道404号線を北上。「為信」という集落の右手、市川に架かる橋を渡ればすぐ。
【国土地理院1/25,000地形図】長谷
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加