資料館

S-DT59 / JR四国8000系試作車

2010.03.09
 
598:S-DT59
S-DT59(M台車/8101)
軸距:2250㎜ 車輪:810㎜
軸箱支持:積層ゴム+コイルばね 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)

 1992年に登場したJR四国初の特急電車8000系の試作車のうち、8101、8201が履くM台車(8001が履くT台車はS-TR59)。2000系気動車と同じくコンピュータ制御の空気圧シリンダにより車体の振子動作をスムースに行う制御付き自然振子方式を採用しているが、振子機構は曲線ガイド式となった。牽引装置は一本リンク式。基礎ブレーキ装置は車輪側面取り付けのディスクブレーキ(T台車は車軸取り付け)。また、130km/hを超える速度域からの非常ブレーキとして、試験的に吸着型渦電流式レールブレーキを装備していた。
 なお、その後登場した8000系量産車では形式が変更され、S-DT60/S-TR60となっている。
A limited express train of Shikoku Railway Company, 8000 series. A 1992 debut.
JR四国8000系試作車:RailMagazine108号参照 1992.5.26 日本車輌製造(豊川) P:RM
LINK これまでに収録したJR四国の台車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加