資料館

FS370A / 東武鉄道200系

2009.05.07
 
498:FS370A
FS370A(201-1)
軸距:2300mm 車輪径:860mm
軸箱支持:SUミンデン式 枕ばね:空気ばね

 1990年に登場した東武鉄道の急行<りょうもう>用200系電車の台車。DRCこと1720系のFS370を転用したもので、転用に際して軸箱を密封式円筒コロ軸受化、軸箱支持をSミンデン→SUミンデン化などの改造が施された。基礎ブレーキ装置は踏面片押し。東武形式はTRS-67M。対応するT台車の設定はない。
 FS370はもともとアルストムリンク式のFS334を履いていた1720系の台車交換用として1967(昭和42)年から製造されたもの。
 なお、<りょうもう>用の増備車である250系(1998年登場)は完全新造車となり、モノリンク式軸箱支持のボルスタレス台車SS151/051を履いている。
200 series trains for limited express [RYOMO] of Tobu Railway. A 1990 debut.
東武鉄道200系:RailMagazine89号参照 1990.12.11 館林検修区 P:RM
2009.5.7作成
LINK これまでに収録した東武鉄道関連の台車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加