資料館

KH-132A KH-135 / 相模鉄道7000系

2008.01.31
 
349:KH-132A
KH-132A(M台車/モハ7359)  写真:2006.3.5 相模大塚 高橋一嘉
350:KH-135
KH-135(T台車/クハ7754) 写真:2006.3.5 相模大塚 高橋一嘉
 相鉄7000系のうち、1988(昭和63)年に登場したVVVF制御車の台車。それまでの7000系が履くKH-59B1/KH-72A1に比べ、軸箱支持方式がロールゴム式となり、枕ばねはMTともインダイレクトマウントとなった。直角カルダン駆動に外側ディスクブレーキという相鉄の伝統的な構造は踏襲されている。M台車の原形式のKH-132は3000系モハ3052が晩年履いたもの。続いて登場した8000系でも同系のKH-132B/KH-135Bが組み合わされている。
軸箱支持:ロールゴム式 枕ばね:空気ばね
A new 7000 type train of Sagami Railway.
2008.1.31作成
LINK これまでに収録した相模鉄道関連の台車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加