資料館

FS315 / 名古屋鉄道5300系

2008.05.06
 
378:FS315
FS315(5401)
軸距:2300mm 車輪径:860mm 軌間:1067mm
軸箱支持:軸箱守(軸ばね) 枕ばね:コイルばね

 1957(昭和32)年に登場した名鉄の特急電車5200系用として製造された台車。一体鋳鋼製の台車枠にはブレーキシリンダが内包されている。駆動装置は平行カルダン。基礎ブレーキ装置は踏面両抱き。5200系は1987(昭和62)年までに全廃、車体は豊橋鉄道に譲渡されたが、台車などの機器類は5300系に転用されている。
 写真は5300系のもの。枕ばねの横に見えるオイルダンパは原型ではコイルばねに内臓されていた。
New Super Romance-car 5300 type of Nagoya Railroad. A 1986 debut.
2008.4.21 P:高橋一嘉
参考文献
「住友金属の台車13」鈴木光雄(『鉄道ピクトリアル№458』所収/1986年 電気車研究会)
LINK これまでに収録した名鉄関連の台車
2008.5.6作成 2008.8.29更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加